令和元年度同和問題啓発強調月間事業の実施について

1 趣旨
県および市町では、県民一人ひとりが、同和問題についての理解と認識を深め、部落差別をはじめとするあらゆる差別の解消に向けて、主体的に行動していただけるよう、啓発に取り組んでいます。
しかしながら、依然として差別事象が発生するなど、人権尊重の理念が県民各層に十分浸透していない状況がうかがえることから、人権意識の高揚を基調として、差別意識が解消されるよう啓発活動を一層推進する必要があります。
こうしたことから、本年も9月を「同和問題啓発強調月間」と定め、集中的に啓発行事を実施することとします。
2 期間
令和元年9月1日(日曜日)~9月30日(月曜日)
3 実施主体
滋賀県、滋賀県教育委員会、各市町、各市町教育委員会
4 メインテーマおよびシンボルマーク
9月同和問題啓発強調月間メインテーマおよびシンボルマーク

(シンボルマークの印刷は原則として正円内をライトブルー(Dic180)で、線は白とします。大きさは適宜、拡大・縮小して使用するものとします。)

5主な月間事業
別添「令和元年度同和問題啓発強調月間啓発事業計画一覧表(予定)」のとおり

お問い合わせ

滋賀県総合企画部人権施策推進課
電話番号:077-528-3533
FAX番号:077-528-4852
メールアドレス:cf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」