文字サイズ

【公開講座】「地域、私たちは外国人県民等にどのように接していくべきなのか。」 ~ウクライナ避難民受入れとその後の日本に求められるもの~

背景

滋賀県には、令和3年12月末時点で32,651人の外国人の方が暮らしておられます。
近年はベトナムをはじめ、多様な国籍、多様な背景を持った外国人県民等が増加し、以前のように南米出身者が多くを占めていた状況も変化してきています。
このたび、「外国人労働者・移民・難民ってだれのこと?」著者の内藤正典氏を講師に迎え、際情勢を踏まえた、外国人労働者、移民、難民の受入れについて、御講義いただきます。
地域の国際化が進展する中、今後の持続可能な社会にとって、地域に求められることは何かについて考える機会とするため、下記のとおり公開講座を開催します。

内容

  • 日時:令和4年(2022年)6月17日(金)10時~12時〔受付開始9:30〕
  • 場所:コラボしが21 3階大会議室(大津市打出浜2-1)
  • 定員:100名 〔先着順〕
  • 対象:行政職員(県・市町)、国際交流協会、外国人相談窓口相談員、一般県民
  • 講師:同志社大学グローバル・スタディーズ研究科 教授 内藤正典 氏
  • 内容(予定)

日本の外国人労働者受入れについて
・世界に学ぶ、移民、外国人労働者問題
・外国人と仲良くなろう(地域で外国人とどのように接していけばよいのか)
・ウクライナ避難民の受入れと難民の受入れの今後について

  • 参加費:無料
  • 共催:滋賀県、(公財)滋賀県国際協会

申込方法

  • 事前申込制(先着100名)
  • 下記サイト(しがネット受付サービス)からお申し込みください。

https://ttzk.graffer.jp/pref-shiga/smart-apply/surveys/7930564150541699961

申込URL

*「しがネット受付サービス」からのお申込みができない場合は、チラシ裏面の申込書に必要事項を記入の上、ファックスまたは電子メールでお送りください。

E-mail: kokusai@pref.shiga.lg.jp/FAX:077-521-5030

その他

  • 新型コロナウイルス感染対策を実施して開催します。当日は検温およびマスク着用のうえお越しください。
  • 発熱など風邪の症状がある方は当日の参加を見合わせてください。
  • 会場内は定期的に換気をして行います。
  • 新型コロナウイルスの影響で開催が変更または中止になる場合は、申込時にご記入いただいた電子メールアドレスへご連絡します。

チラシ

お問い合わせ
総合企画部 国際課
電話番号:077-528-3061
FAX番号:077-521-5030
メールアドレス:kokusai@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。