文字サイズ

eshinbun.gif

シンポジウム「CO2ネットゼロで変わる2050年滋賀の暮らしと社会」を開催します(令和2年12月12日)

 2020年1月、本県は2050年までに県域からの二酸化炭素排出量を実質ゼロにすることを目指し、“しがCO2ネットゼロ”ムーブメントのキックオフを宣言しました。今般、2050年CO2ネットゼロに向けた機運向上を図るため、シンポジウムを開催します。

 なお、本シンポジウムは、環境と経済・社会の統合的な向上を目指す、第7回エコ・エコノミ―推進セミナーとしても位置づけており、滋賀経済同友会および一般社団法人滋賀経済産業協会に後援いただいています。

1 日時および場所

日時:令和2年(2020年)12月12日(土)13時30分から16時30分まで(開場:13時00分)

場所:滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 小ホール(大津市)※会場に駐車場はありません。

定員:100名(事前申込制・先着順)

※YouTubeでも視聴いただけます(こちらのページをご覧ください)。

2 内容

ビデオメッセージ「2050年CO2ネットゼロを目指す滋賀県に向けて」
  • 環境副大臣 笹川 博義 氏
基調講演「脱炭素社会を目指す持続可能な地域づくり」
  • 千葉商科大学 准教授 田中 信一郎 氏
事例発表「次世代を担う若者の取組」
事例1:スーパーエコスクールの取組について
  • 守山市立 守山中学校 教諭 髙井 あゆみ 氏
事例2:Fridays For Future Shigaの取組について
  • Fridays For Future Shigaの取組 代表 高須 海地 氏
特別講演「脱炭素社会に向けた国内外の動向」
  • 東京大学 教授 高村 ゆかり 氏
パネルディスカッション「私たちが描く2050年しがCO2ネットゼロ社会」
【コーディネーター】
  • 東京大学 教授 高村 ゆかり 氏
【パネリスト】
  • 滋賀県知事 三日月 大造 氏
  • 千葉商科大学 准教授 田中 信一郎 氏
  • 滋賀銀行サステナブル戦略室長 嶋﨑 良伸氏
  • パナソニック株式会社アプライアンス社 環境運営企画課長 岡本 多郁士氏
  • 滋賀県地球温暖化防止活動推進員 山本 悦子氏

3 申し込み方法

【必要事項】を記入のうえ、以下のいずれかの方法でお申し込みください。

1.しがネット受付サービス(添付ファイルのQRコードまたはこちらのURL

2.E-mail(eco-economy@ohmi.or.jp、あて先:公益財団法人 淡海環境保全財団)

3.FAX(077-569-5304、あて先:公益財団法人 淡海環境保全財団

 【必要事項】

 ・申込代表者氏名(ふりがな)・参加人数(代表者含む)・住所(市町村名まで) ・連絡先(電話番号、E-mailアドレス)

4 新型コロナウイルス等の感染拡大防止について

・ご来場の際は、マスクをご着用ください。

・風邪のような症状がある方は、来場をお控えください。

・会場では隣同士の間隔を空けて、ご着席いただきます。

5 詳細

お問い合わせ
滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課
電話番号:077-528-3494
FAX番号:077-528-4844
メールアドレス:ondan@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。