文字サイズ

視覚障害者の暮らしを支える最新機器の展示会を開催いたします

滋賀県立視覚障害者センター(指定管理者:社会福祉法人滋賀県視覚障害者福祉協会)では、相談事業のほか点字図書や録音図書の貸し出し、点字・歩行訓練、生活訓練、IT機器の利用支援、生涯学習の機会づくりなど、視覚に障害のある方の意思疎通や社会参加の支援を行っています。

このたび、視覚障害により日常生活等でお困りの方々にとって便利な製品や福祉制度を紹介する取組の一環として、下記のとおり最新機器の展示会を開催します。県内では実物に触れる機会の少ない機器を紹介しますので、ぜひ御来場ください。

1.日時

令和元年(2019年)

12月18日(水)午前10時30分~午後4時30分

12月19日(木)午前9時30分~午後4時30分

2.場所

滋賀県庁本館 県民サロン

(大津市京町4丁目1-1)

3.出展機器

以下の3点

1.AI 視覚支援デバイス オーカムマイアイ2

 眼鏡に装着する小型カメラが捕らえた文字や目の前の人の顔などの情報を耳元のスピーカーから聞くことができる機器です

2.暗所視支援眼鏡 HOYA MW10

 夜盲症の方々のための、暗所や夜間の環境下でも視界が明るく見える眼鏡です

3.Bluetooth キーボード Rivo2(リボツー)

 視覚障害者がスマートフォンを簡単に操作し、より迅速かつ正確に使用できるよう設定されたテンキーボードです

4.その他

県立視覚障害者センターのスタッフが駐在

出展機器1.2に関しては出展者による説明対応あり

※1は個別相談対応のほか説明会の設定あり

 18日(水)10時30分~12時00分

 19日(木)15時00分~16時30分