文字サイズ

サケ科魚類9種を生体展示!絶滅したといわれたクニマスの標本も展示します!滋賀県立琵琶湖博物館 第31回水族企画展示 『ビワマスと仲間たち』を開催します

 琵琶湖博物館では7月20日(土曜日)より 第31回水族企画展示『ビワマスと仲間たち』を開催します。同日よりスタートする企画展示「海を忘れたサケ-ビワマスの謎に迫る-」に連動して、琵琶湖を代表する美しい魚“ビワマス”とその仲間たち10種を展示します。ビワマスの仲間を中心に、湖沼性のサケ科魚類としてヒメマスや、中禅寺湖(福島県)に移植されたビワマスであるホンマスなど9種類の生体が勢ぞろい!!

 また、田沢湖(秋田県)の固有種で、一度は絶滅したと考えられていたクニマスの標本も展示します。

 ビワマスとその仲間たちの生きた姿をぜひご覧ください!

第31回水族企画展示『ビワマスと仲間たち』

【開催期間】 2019720(土曜日) 98(日曜日)

【開館時間】 930分~1700(入館は1630分まで)

【場所】 水族展示室内 水族企画展示室

【主な展示魚種】

ビワマス、サツキマス(アマゴ)、サクラマス(ヤマメ)、イワナ、ニジマス、ホンマス、レイクトラウト、ミヤベイワナ、ヒメマス、クニマス(田沢湖産標本、京都大学博物館蔵)など

【観覧料金】 常設展示観覧料金でご覧いただけます

大人750円、高校生・大学生400円、中学生以下無料

【主催】 滋賀県立琵琶湖博物館

https://www.biwahaku.jp

ビワマス