文字サイズ

琵琶湖の宝石「ビワマス」にまつわる美しい写真や最新の研究結果を紹介!!滋賀県立琵琶湖博物館 第27回企画展示 『海を忘れたサケ ―ビワマスの謎に迫る―』を開催します

 琵琶湖博物館では、7月20日(土曜日)より第27回企画展示『海を忘れたサケ ビワマスの謎に迫る』を開催します。

 湖を代表する美しい魚「ビワマス」。とても美味しいことから長年にわたって親しまれてきたこの魚は、実は世界で琵琶湖にしかいない固有の魚です。

 今回の企画展示では、ビワマスがどんな生活をしているのか、どのように進化してきたのかについて最新の研究成果をもとに紹介します。またビワマスに迫る危機についても知ってもらい、これからのビワマスとの付き合いかたについても考えていく機会とします。

第27回企画展示『海を忘れたサケ ―ビワマスの謎に迫る―』

【開催期間】 2019年7月20日(土曜日) ~ 11月24日(日曜日)

【開館時間】 9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)

【観覧料金】 小・中学生 150円(120円)、 高・大学生 240円(190円)、 一般 300円(240円)

※常設展示観覧料金とは別料金※( )内は20名以上の団体料金

【主催】 滋賀県立琵琶湖博物館

https://www.biwahaku.jp

ビワマス

<企画展示の主な見どころ>

■プロローグ「ビワマスの世界」

写真家である廣田利之氏が撮影した美しいビワマスの写真や映像、剥製や魚拓などを展示し、ビワマスの魅力を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

ビワマス

■ビワマスの生活をさぐる

琵琶湖固有種であり、これまであまりそのくらしが明らかになってこなかったビワマス。そんなビワマスの生活や近縁種のアマゴとの関係などについて最新の研究成果を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

ビワマスの卵

■ビワマスとつきあう

ビワマスは琵琶湖を代表する美味しい魚です。そんなビワマスの漁業や料理、新しい漁法であるトローリングについて紹介し、これからのビワマスとの関わりについて考えていきます。

ビワマス料理
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。