モノづくり技術力向上のための「技術研修」事業「最新の3Dプリンタで何ができるのか?」開催のご案内

「AM技術」(Additive Manufacturing,付加製造技術)や「3Dモノづくり」というキーワードが叫ばれて久しいものです。一般メディアなどでも触れられる機会が多いこれらを実現するのが「3Dプリンタ」であり、造形可能な材料の違いはもちろんのこと、造形手法にも様々なタイプが存在します。それぞれに得手不得手を含めた特徴があり、用途に応じた使い分けが必要です。
今回は、昨年度滋賀県工業技術総合センターに新たに導入した大型樹脂3Dプリンタ(FDM方式)および金属3Dプリンタ「金属粉末積層造形装置(DED方式)」を皆さまの研究開発などにご活用いただけるよう、丸紅情報システムズ株式会社さまと三菱重工工作機械株式会社さまのご協力のもと、以下の講習会を開催します。
3Dモノづくりへの挑戦をご検討の方、最新の知見や3Dモノづくりにおける掴みどころを得たい方を対象とした講習です。お気軽にご参加ください。

日時

令和元年(2019年)8月6日(火)14時00分~17時00分まで

会場

参加費

無料

内容

第1部 技術講習会 14時05分~15時45分

(1)「3Dプリンタ Fortus450mcの概要-樹脂材料の特徴と活用方法-」(1405分~1450分)
講師:
丸紅情報システムズ株式会社 製造ソリューション事業本部
モデリングソリューション技術部 アプリケーション推進課
スペシャリスト 丸岡浩幸 氏

樹脂3Dプリンタ業界の最新情報やFDM方式の樹脂3DプリンタStratasys社製Fortus 450mcについてご紹介いただきます。

(2)「金属3Dプリンタの市場、技術動向とDED方式金属3DプリンタLAMDAのご紹介」(1500分~1545分)
講師:
三菱重工工作機械株式会社 技術本部
副本部長 二井谷春彦 氏

金属3Dプリンタ業界の最新情報や開発製品であるDED方式金属3DプリンタLAMDAについてご紹介いただきます。

第2部 実習・デモンストレーション(16時00分~17時00分)

(1) 大型樹脂3Dプリンタ(Stratasys社製Fortus 450mcFDM方式)
(2) 金属粉末積層造形装置(三菱重工工作機械株式会社製LAMDA200DED方式)

新たに導入した装置を用い、造形条件の検討手法や造形時のポイントなどを学んでいただきます。

定員

第1部60名
第2部15名(申込多数の場合、1社からの参加者を代表お一人と調整させていただきます。何とぞご容赦ください)

申込方法

講習会へのご参加は、事前の申し込みが必要です。
下記URLにより受け付けております。
https://www.shiga-irc.go.jp/info/news/3dseminar_20190806 (外部サイトへリンク)
申込締切:8月2日(金)

お問い合わせ先

滋賀県工業技術総合センター
〒520-3004滋賀県栗東市上砥山232
TEL:077-558-1500
FAX
:077-558-1373

担当:斧(おの)、柳澤、山下

滋賀3Dイノベーション研究会会員募集のお知らせ

詳細は、下記のページをご参照ください。
https://www.shiga-irc.go.jp/activities/forums/3dinnovation (外部サイトへリンク)

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」