文字サイズ

第9回マザーレイク21計画学術フォーラムの開催について

本県では、平成2310月に「琵琶湖総合保全整備計画(マザーレイク21計画)第2期改定版」を策定し、これに基づき琵琶湖の総合保全の推進を図っているところです 。

このマザーレイク21計画は、平成11年度の第1期版策定から20年を迎えることから、県では計画のふりかえりを行い、その成果や課題のとりまとめを行っています。

今般、計画のふりかえりと今後のあり方に関する検討を議題とした第9回目となる「マザーレイク21計画学術フォーラム」を以下のとおり開催しますのでお知らせします。

1開催日時

令和元年5月31日(金曜日)1000分~1130

2開催場所

滋賀県大津合同庁舎7-A会議室(大津市松本1-2-1)

3議題

(1)マザーレイク21計画のふりかえりについて

(2)マザーレイク21計画の今後のあり方について

(3)その他

4傍聴者の定員

5名

5傍聴の手続

傍聴を希望される方は、当日、上記の開催時刻までに、直接会場へお越しになり受付をしてください。受付では、住所と氏名の記入をお願いします。

傍聴希望者が定員を超えた場合は、先着順となりますので、ご了承下さい。

6取材

公開のため、取材可能です。