ひつじの毛刈りについて~滋賀県畜産技術振興センター

電気バリカンでひつじの毛刈りをしています。

日野町の丘陵地にある畜産技術振興センター内の「ふれあい広場」の人気者、ひつじたちの毛刈りを今年も下記のとおり行います。

寒い冬の間、ウールマーク付きの羊毛を身につけていたひつじたちも、これからの暑い夏を乗り切るために衣替えをします。

当行事は初夏の風物詩として毎年おこなっており、多くの人々に親しまれています。

日時

平成31年(2019年)5月8日(水曜日)10時00分から12時00分(予定)

場所

蒲生郡日野町山本695

滋賀県畜産技術振興センター「ふれあい広場」

(雨天時はふれあい広場畜舎内で実施)

頭数

当センターで飼養しているひつじのうち、今年生まれた子ひつじを除く約5頭を予定しています。

毛刈り方法

ひつじ1頭の体重は約35kgあります。電気バリカンを使用して、1頭15~20分かけて作業を行います。

その他

・ひつじ1頭から2~3kgの原毛が得られます。

・刈り取ったばかりの原毛はごみや汚れの他に脂分でベトベトしています。この原毛をよく洗毛し、特別な道具を用いてとかして紡いでいくと、立派な毛糸ができあがります。

・刈り取った原毛は希望者に無償で譲渡します(当日のみ受付、先着順。量の制限あり)。

・ウサギ、山羊とのふれあいも予定しています(天候によって中止する場合あり)。

当センターで生まれたこひつじたちです。

お問い合わせ

畜産技術振興センター
電話番号:0748-52-1221
FAX番号:0748-53-2434
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」