文字サイズ

立命館大学との協働により、東京で「琵琶湖が育む『食』の魅力」講座を初開催!

 滋賀県は、立命館大学との連携により、同大学東京キャンパスで「琵琶湖が育む『食』の魅力」講座を開催します。
 県は立命館大学との包括連携協定に基づき、平成27年度から連携講座を開催していますが、首都圏の皆様を対象に同大学東京キャンパスで開催するのは今回が初めてです。
 本講座は、琵琶湖と共生してきた滋賀の農林水産業「琵琶湖システム」が平成31年2月、「日本農業遺産」に認定されたことを踏まえて、琵琶湖の環境や生き物に優しい農産物や滋賀の伝統食を含め、滋賀の食の魅力を紹介するもので、参加者を募集しています。

1.講座概要

(1) 主催等

主催・滋賀県、協力・立命館大学

(2) テーマ

琵琶湖が育む「食」の魅力

(3) 講師

京都華頂大学 堀越 昌子 教授

(4) 日時

令和元年1122日(金)14:0016:00(受付13:30~)

(5) 会場

立命館東京キャンパス

(東京都千代田区丸の内1-7-12サピアタワー8階)

※サピアタワー3階に総合受付があります

(6) 対象

どなたでも

(7) 定員

60名

(8) 参加費

無料(事前申込が必要です。)

※定員になり次第締め切らせていただきます。

2.参加手続

氏名、電話番号を明記の上、次の申込先までメールでお申し込みください。

(申込先)滋賀県環境政策課(担当:赤崎)

TEL 077-528-3453

e-mail:biwako-es@pref.shiga.lg.jp
 


Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。