オオキンケイギク学習会を実施します!

 オオキンケイギクは、5月から9月頃まで鮮やかな黄色の花を咲かせる植物です。種子で広がるだけでなく、多年草なので毎年、地中に残った根からも茎・葉が伸びてきます。この植物は、在来生物の生育場所を奪うおそれから、外来生物法で特定外来生物に指定されており、栽培することは禁止されています。

この度、オオキンケイギクが特定外来生物であること、栽培が禁止されていることを学び、除去の体験を行う学習会を開催します。

特定外来生物オオキンケイギク

イベントの内容

時 : 2019年6月8日(土曜日) 10:00から12:00

会 場 : 愛東コミュニティセンター2階研修室(東近江市下中野町431)

容 : 特定外来生物であるオオキンケイギクの生態や、防除の方法について座学を行うとともに、会場付近のオオキンケイギクを観察し、除去の体験を行います。

参加費 : 無料

象 : 小学生以上
     小学生のご参加は保護者の同伴が必要です。

募集人数 : 先着50

募集期間 : 2019年5月31日(金曜日)まで

持ち物等 : 飲み物、タオル、動きやすい服装など、野外活動に必要なもの。

申込方法 : 参加者全員の1)住所、 2)氏名、 3)年齢、4)連絡先(当日連絡が取れるもの)、5)交通手段

 ご記入のうえ、メールまたはFAXにて、下記お問い合わせ先までお申込ください。

お問い合わせ

琵琶湖環境部 自然環境保全課 生物多様性戦略推進室 担当 : 清水
電話番号:077-528-3483
FAX番号:077-528-4846
メールアドレス:dg00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」