文字サイズ

平成29年8月1日県政経営会議の概要

  1. 開催日時:平成29年8月1日(火曜日)8時45分~9時45分
  2. 開催場所:特別会議室
  3. 出席者:知事・西嶋副知事・池永副知事・総合政策部長・総務部長・県民生活部長・琵琶湖環境部長・健康医療福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・会計管理者・企業庁長・病院事業庁長・議会事務局長・教育長・監査委員事務局長・警察本部長・防災危機管理監
  4. 議事概要:下記のとおり

協議事項

1.平成30年度に向けた施策構築について

<総合政策部長説明>

  • 資料に基づき説明

<質疑等>

(教育長)

  • SDGsについて、県民の皆さんにどのようにしてアピールしていくのかを、これから考えていかなければならない。

(県民生活部長)

  • SDGsには17の目標があるが、目標達成に向けて、県と経済界とで「一緒に何ができるのか」を考えていく必要がある。
  • また、県民の皆さんに向けては、日々の様々な行動が目標達成に繋がることや、日々の生活の中でSDGsを意識することで世界を少しずつ変えていけること、それらを上手く伝えていけば、共感を得られるのではないか。

(総合政策部長)

  • これらの意見は、SDGsの取組を進めていくうえで、非常に大切なことと考える。経済界とは、プラットフォームを作ってお互いを高め合いながら取組を進めていきたい。県民の皆さんに対しても、しっかりと表現していきたい。

(総務部長)

  • 施策構築に関して、昨年度までとの違いをもっと強調するとよいと考える。

(池永副知事)

  • 「重視すべき方向」の一つ目に「若者の希望の創造」とあるが、創造に止まらず、実現していくというような方向にすることが望ましい。

(総合政策部長)

  • 指摘のとおりと考える。表現を工夫したい。
  • 今後は、本日示した方針をもとに、本日の意見を踏まえ修正すべき部分を修正したうえで、施策構築を進めていきたい。

2.「働き方改革」について

<総務部長説明>

  • 資料に基づき説明

<質疑等>

(商工観光労働部長)

  • 本部の見直しについて、本部の役割は「横つなぎ」であり、見直しは慎重に進める必要がある。

(県民生活部長)

  • 本部を廃止したとしても、会議の必要が生じれば臨機応変に別の形で参集すればよい。

(総合政策部長)

  • 働き方改革の観点で見直しを行う一方で、本部を上手く利用して業務の生産性を上げていくことも必要。

(西嶋副知事)

  • 形骸化しているものは廃止すればよい。機械的に考えるのではなく、内容を見てケースバイケースで見直しをすべき。

(池永副知事)

  • 庁内の横つなぎを図るうえでベストな方法は何か、を考えることが大事。
お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
電話番号:077-528-3311
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。