文字サイズ

平成28年4月1日県政経営会議の概要

  1. 開催日時:平成28年4月1日(金曜日)15時00分~15時25分
  2. 開催場所:特別会議室
  3. 出席者:知事・西嶋副知事・池永副知事・総合政策部長・総務部長・県民生活部長・琵琶湖環境部長・健康医療福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・会計管理者・東京事務所長・企業庁長・病院事業庁長・議会事務局長・教育長・監査委員事務局長・警察本部長・防災危機管理監・理事(スポーツ担当)・理事(女性職員活躍・コンプライアンス担当)・理事(子育て・子育ち応援担当)・理事(女性活躍担当)
  4. 以下のとおり

平成28年度のスタートに当たり、最初に知事の訓示および副知事の挨拶の後、県政経営会議の構成員である各部局長等から、順次、自己紹介を兼ねた新年度への決意表明があった。

知事訓示

本日、午前中に緊急地震速報があった。私が新規採用職員の訓示をしている時で、中断して机の下に入るというような状況であった。幸い、今のところ大きな被害は聞いていない。今年度、災害がないことを願うとともに、絶えず防災・減災の意識を持つ大切さを教えられたと思っている。

私は、皆さんとともに県民の皆様のための仕事ができることを本当にうれしく、心強く思う。お互い、やりがいを持って、大変な時も一緒に乗り越えていきましょうという気持ちで仕事を進めてまいりたい。この県政経営会議はそういうことを共有する場として、忌憚なく意見を交換し合う機会にしたい。

今年度だけで収まらない中長期的な課題である琵琶湖の保全と再生、教育・学習、産業に結びつくICTの戦略づくり、健康長寿の仕組みづくり、さらには、観光・交流、交通について、少しでも前に進められるよう力を合わせて取り組んでまいりたい。

西嶋副知事挨拶

今年は三日月県政1期目の中間年、折り返しの重要な年になる。私としてはそのことをしっかりと頭において、これまでも、そして、これからも常に職員の皆さんに寄り添いながら、これまで以上に自らを、そして、職員の皆さんをしっかりと鼓舞をして、県庁力の最大化を図っていく。池永副知事と協力して、全力を傾注して、知事を全身全霊で支えていく決意である。

池永副知事挨拶

私が赴任して三か月がたった。この三か月で感じたことを申し上げる。1点目は、部局間の連携が新しい力を生むということである。医療と産業、福祉と文化、教育と観光など、連携していくことがイノベーション、新しい価値を生む。2点目は、行政は間違いがあってはいけないが、一方で、やれることはやっていこうということである。モデル事業などとしてやっていくということが大事である。3点目は、ICT。これは、全部局が関係するので、各部局でどこを進められるのか、知恵を出し合って政策が運営できるよう協力をお願いしたい。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
電話番号:077-528-3311
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku@pref.shiga.lg.jp