文字サイズ

平成27年8月4日県政経営会議の概要

  1. 開催日時:平成27年8月4日(火曜日)8時30分~9時10分
  2. 開催場所:特別会議室
  3. 出席者:知事・副知事・知事公室長・総合政策部長・総務部長・琵琶湖環境部長・健康医療福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・会計管理者・企業庁長・病院事業庁長・議会事務局長・教育長・監査委員事務局長・警察本部長・防災危機管理監・理事(文化・スポーツ担当)・理事(女性職員活躍・コンプライアンス担当)・理事(子育て・子育ち応援担当)・理事(女性活躍担当)
  4. 議事概要:下記のとおり

協議事項

1.平成28年度に向けた施策構築について

<総合政策部長説明>

  • 資料に基づき説明。
  • 政策課題協議で認められた事業については、予算上の特別枠を設定するが、額に関しては、一般財源ベースで昨年度並みを想定する。
  • 国の新型交付金の予算上の取扱いは、制度設計が判明し次第、改めて指示する。
  • 本日この協議終了後に文書を発出し、詳細は各部局企画員を通じて改めて説明する。

<質疑等>

(会計管理者)

  • 国の新型交付金は、まだソフト事業が対象か、ハード事業が対象かという基本的な線も出ていないのか?

(総合政策部長)

  • ハード事業も対象になると聞いている。

(会計管理者)

  • 国のハードの交付金対象となった時に、2分の1補助の可能性があるということなら、県負担分はソフト事業ではないが例外的に協議対象になるということか?

(総合政策部長)

  • 政策課題協議についてはソフト事業が対象であり、もしハード事業で交付金に入れるものがあれば、それは別の話になる。
  • 国の制度がまだわからないので、総務部と協議したい。

<知事>

  • この夏に、大いに部内の若手・実務者を発奮させて、施策構築に取り組んでほしい。挑戦するよう幹部から呼びかけてほしい。
  • 週末の幹部研修で学んだことを反復すると、できること「CAN」とやるべきこと「MUST」以外に、やりたいこと「WILL」を持とうということを伝えたい。
  • また、「これだけは」というこだわりを持って協議に臨んでほしい。この4年で実現しなくても、10年スパンで、2025年を展望して施策づくりをする視点を持ち、その一里塚、頭出しとして考えてほしい。制約条件は多いが、可能性もある。
お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
電話番号:077-528-3311
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。