文字サイズ

平成25年2月5日県政経営会議

  • 開催日時:平成25年2月5日(火曜日)8時30分~9時00分
  • 開催場所:特別会議室
  • 出席者:知事・副知事・知事公室長・総合政策部長・総務部長・琵琶湖環境部長・健康福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・会計管理局次長・防災危機管理監・企業庁次長・病院事業庁長職務代理者・議会事務局長・監査委員事務局長・警察本部警務部長・教育長
  • 議事概要:下記のとおり

協議事項

1. 平成25年2月議会定例会提出予定条例案件について(教育委員会事務局1件、警察本部1件)

  • No1 (PDF:266 KB)
  • No2 (PDF:327 KB)

(1)滋賀県市町立学校の県費負担教職員の定数に関する条例の一部を改正する条例案

<教育長説明>

  • 市町立学校の標準学級数の増減ならびに新たに中学校の第2学年および第3学年において1学級35人以下とする少人数学級編制を実施すること等に伴い、県費負担教職員の定数を改定するもの。
  • 小学校でH24年度5,287人をH25年度5,312人に、中学校で2,972人を3,013人に、総数で8,259人を8,325人と、66人の増。

(2)滋賀県地方警察職員の定数に関する条例の一部を改正する条例案

<警察本部警務部長説明>

  • 警察法施行令に定める地方警察職員たる警察官の都道府県ごとの定員が改められたことから、これに沿って本県の警察官の定員を改めるとともに、育児休業から職務に復帰した警察官等を一定期間定員外とする措置を加えるため、条例の一部改正をおこなうもの。
  • 警部はH24年度194人をH25年度195人に、警部補は1,276人を1,281人、巡査は669人を672人と、警察官以外の警察職員を含めた総数で2,529人を2,538人と9人の増。
  • 育児休業、休職警察官が復職した場合、定員を超えることとなるときは、1年を超えない期間に限り、その超えることとなる員数の警察官は、定員の外とする。

質疑なし

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
電話番号:077-528-3311
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。