文字サイズ

平成21年1月5日臨時県政経営会議の概要

開催日時:平成21年1月5日(月曜日)10時00分~10時45分

開催場所:特別会議室

出席者:知事・副知事・会計管理者・政策監・総務部長・県民文化生活部長・琵琶湖環境部長・健康福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・南部振興局長・東近江振興局長・湖東振興局長・湖北地域振興局長・東京事務所長・企業庁長・病院事業庁長・議会事務局長・監査委員事務局長・警察本部長・教育長

議事概要:下記のとおり

(報告事項)

1.各部局主要事業等の予定について(各部局)

資料のとおり。

2.「新・滋賀県観光振興指針(案)」に対する意見・情報の募集について(商工観光労働部)

「新・滋賀県観光振興指針(案)」に対する意見・情報の募集について商工観光労働部長から報告があった。
観光振興の指針は、平成13年11月に現行の「滋賀県観光振興指針~湖国観光交流ビジョン~」を策定しているところであるが、観光産業を取り巻く環境が大きく変化していること、時代を見据えた新しい対応が求められるようになってきたことから、さらなる観光振興を図るための具体的な方向性を示した新しい指針となるように改定することとし、滋賀県観光事業審議会答申を基に「新・滋賀県観光振興指針(案)」を作成したものであり、指針案の概要と、来る1月16日(金曜日)から2月16日(月曜日)の期間に滋賀県民政策コメント制度に基づき県民の方から意見・情報を募集するとの説明があった。

(その他)

1.税収見込みについて(総務部)

年末に出された地方財政計画等を踏まえ、県税収入の見通し作業した結果、非常に厳しいものになっていることについて、総務部から報告があった。
報告では、今年度(20年度)の県税収入については、景気低迷を受け、法人二税をはじめとする県税が、今年度当初予算額1,885億円から数十億円減収となる見込みであること、また、来年度(21年度)の県税収入見通しは、景気低迷の長期化と税源偏在是正のための地方法人特別税の導入により、今年度当初予算額比で約400億円程度の減収になる見込みであり、大変厳しい状況が想定されるということが説明された。
この説明に対し、今年度の減収分についてどう対応するのか、また、税収以外の収入も含めた歳入全体の見通しはいつ頃分かるのか等について質問があり、それに対し、今年度の減収分については減収補てん債が補填されるが、既に実施している一部経費の節減と併せて、他の経費についても極力節減を行うこと、また、税以外のその他収入については1月下旬にならないとわからないが、情報が入り次第お知らせしていきたいとの回答があり、澤田副知事から、各部局長は各部局の予算の最高責任者であるので、わかった時点でこの会議の場や他の形でも情報共有を図るよう指示があった。

2.平成20年の犯罪発生件数等について(警察本部)

警察本部から昨年の犯罪発生件数等の結果について報告があった。
昨年度の犯罪発生数が暫定で15,457件、一昨年比マイナス1,096件、アンダー16,000件を達成し、また、交通事故死亡者数が、79人で一昨年比マイナス14人である。計画を前倒しで達成することができ、県民挙げての活動が功を奏した結果である。社会、経済とも先が見えず不安感が漂っているが、今後とも、県民、行政、警察が一緒になって活動を続けてまいりたいとの報告があった。

3.旧湖東ダム建設事務所の裏金問題について (土木交通部)

昨年末、芹谷ダム建設事務所において、裏金ととられても仕方ないお金を管理していたと思われる通帳が見つかったことについて報告があった。
既に記者会見をさせていただいたが、お金の使用が8年前までのことであるとは言え、県民の信頼を裏切った。引き続き関係者に対し聴き取りを実施している。今後このようなことがないようにして参りたいと考えており、迷惑をかけたことについて謝罪があった。
澤田副知事からは、今回、こうした事案が発生したことなどから、昨年11月末に立ち上げた会計事務調査点検委員会を利用して再点検を実施することとし、今後、詳しい調査方法、対象範囲、年度を詰めていくように指示があり、この指示に対し、調査方法等を早く決定し、スピード感をもって調査を実施していく必要があるとの意見が出された。

最後に、知事から、滋賀県は人口増加率が高いなど大変活発な県であるが、年末の雇い止め等の問題は、本県の産業構造が製造業への依存度が高いことが裏目に出てしまった。改めて、若い人たちの雇用を創出する、「滋賀のニューディール政策」を実施する必要がある。若い人の仕事をつくり、しかも地域に定着させることで光を見いだしていきたい。そうした中で、税収不足は大変ショックなことであるが、どう乗り切るか知恵を出してほしい。この会議で活発に議論をしてもらいたい、との発言があった。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
電話番号:077-528-3311
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。