文字サイズ

平成20年12月24日県政経営会議の概要

開催日時:平成20年12月24日(水曜日)8時30分~9時45分

開催場所:特別会議室

出席者:

知事・副知事・会計管理者・政策監・総務部長・県民文化生活部長・琵琶湖環境部長・健康福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・南部振興局長・東近江振興局長・湖東振興局長・湖北地域振興局長・企業庁長・病院事業庁長・議会事務局長・監査委員事務局長・警察本部長・教育長

議事概要:下記のとおり

(報告事項)

1.第18回知事とふれあい「座ぶとん会議」の概要について(知事直轄組織)

第18回知事とふれあい「座ぶとん会議」が、12月6日草津市野路区事務所において立命館大学の学生によって結成された「学生ボランティアグループ Bridge(ブリッジ)」の皆さんと「防犯活動を通して見えてきたもの・感じたもの」をテーマに開催された。会議では、参加した皆さんから、グループの活動内容とそれによって気づいたこと、今後の活動の展開方向などの発言があり、知事からは、地域での自主的活動により犯罪認知件数がピーク時から半減した、学生が大学と地域の架け橋となって活動していることを心強く、ありがたいと思っているといった発言があったことなどが報告された。

2.平成21年度政府予算案の概要について(知事直轄組織・総務部)

本日閣議決定される予定の国の平成21年度政府予算案について、12月22日現在の内示、復活・調整状況等について報告があった。併せて、12月18日現在での平成21年度地方財政対策について報告があり、その中で、地方交付税が緊急対策として1兆円増額されたが、従来ベースが減額となっているため、総額では0.4兆円の増加であることなどが説明された。

3.新駅問題の最近の動向について(知事直轄組織)

新駅問題の最近の動向について報告があり、これまでの経過、栗東新都心土地区画整理事業区域における諸課題への対応、栗東市に対する財政上の負担・支援についての考え方等について説明があった。

4.大規模小売店舗の立地に関する事前協議および地域貢献に関するガイドラインについて(商工観光労働部)

本年3月に「滋賀県中心市街地活性化懇話会」から出された提言に基づき、県では本年度「滋賀県地域商業検討会」を設置し、大規模小売店舗出店による生活環境への影響を最小限に抑えるための「事前協議」と、地域社会との共存のための「地域貢献」について議論を重ね、これを二つの方針「大規模小売店舗の立地に関する事前協議の方針」、「大規模小売店舗による地域貢献の方針」によって構成されるガイドラインとして示すこととしたことが報告され、これらガイドラインに基づく手続きの流れ等について説明があった。

(論議事項)

1.関西広域連合について(知事直轄組織)

本県の関西広域連合への参加の適否を判断するに当たって整理すべき課題等について論議が行われ、さらに今後も引き続き論議を行うこととなった。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
電話番号:077-528-3311
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。