文字サイズ

平成20年7月15日県政経営会議の概要

県政経営会議の概要

開催日時:平成20年7月15日(火曜日)8時30分〜 9時15分

開催場所:特別会議室

出席者
知事・副知事・会計管理者・政策監・総務部長・県民文化生活部長・琵琶湖環境部長・健康福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・南部振興局長・東近江振興局長・湖東振興局長・湖北地域振興局長・企業庁長・病院事業庁長・議会事務局長・監査委員事務局長・警察本部長・教育長

議事概要:下記のとおり

(報告事項)

1.竜王岡屋地区の工業団地開発について(知事直轄組織)

本県における工業団地の需要の増加に対応するため、県および土地開発公社が所有する竜王町岡屋地先の土地について、工業団地開発の事業化に向けた手続きを進めることについて報告があり、同開発の事業化にあたっては、関係部局と連携して進めること等の重要性が確認された。

2.職員アンケートの結果報告について(総務部)

様々な行政課題や、県民ニーズに対応するため、職員の人的活力(創意工夫・現場行動力)や情報力等が結びついて発揮される、いわゆる「県庁力」の最大化に向けて行われた、職員アンケートの調査結果について報告があった。この中で、アンケートにおいて特に頻出したキーワードをもとに、「現在の仕事の問題点」や「今後取り組むべきこと」について整理された結果が示され、今後、新たに設置するプロジェクトチームにおいて業務改善の推進に向けたテーマを抽出し、課題解決に向けた解決策等の検討を進めるとともに、職場における対話の活性化を図っていく旨の報告があった。

3.県庁力最大化プロジェクトチームの設置について(総務部)

職員アンケートにより顕在化した問題等に対する解決策の検討、提案のため、職階、年齢等の異なる多様なメンバーの参画によるプロジェクトチームを設置することおよび、第1回目の全体会議を7月15日に開催することについて報告があった。このプロジェクトチームでは、職員アンケートで明らかになった、業務量、業務運営、人材・スキル、コミュニケーションなどの問題や課題に対し、解決方策を検討し、具体的な提案を行うこととしている。

4.平成19年度公共用水域水質測定結果の概要について(琵琶湖環境部)

平成19年4月から平成20年3月に実施された琵琶湖の水質測定の結果、「健康項目」 において、24項目については不検出であったこと、検出された3項目についても環境基準値を下回っていたこと、「要監視項目」とされる全ての項目について報告下限値未満もしくは指針値を下回っていたこと、「生活環境項目」において、全窒素、全りんについては、北湖、南湖ともに前年度並みの値であり、平成9〜18年度の10年間の平均値と比較しても少し低い値であったため、富栄養化の進行は引き続き抑制されていると考えられること、また、CODを指標とする有機物質による汚濁については少し高くなっているが、経年の推移から見て、ここ数年、おおむね横ばいの傾向にあることなどについて報告があった。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。