文字サイズ

平成20年3月18日定例部長会議の概要

定例部長会議の概要

  1. 開催日時:平成20年3月18日(火曜日)9時00分〜9時50分
  2. 開催場所:特別会議室
  3. 出席者: 知事・副知事・教育長・警察本部長・政策調整部長・総務部長・県民文化生活部長・琵琶湖環境部長・健康福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・会計管理者・企業庁長・議会事務局長・行政経営改革担当理事・防災危機管理監
  4. 議事概要:下記のとおり

(協議事項)

1.平成20年度滋賀県重要施策大綱(案)について(政策調整部)

資料(企画調整課HPへ) 先週に引き続き、重要施策大綱(案)について、説明があった。
会議では、重要施策大綱3.新しい行財政改革の取組について、協議が行われた。

2.平成20年度組織目標の実施について(総務部)

効果的・効率的な行政運営を展開するためには、職員一人ひとりの意識を目的志向・成果重視へ改革する必要がある。このため、本県では、平成15年度から各組織で目標を設定し、その達成に取り組むとともに、結果についても評価を行っている。
平成20年度についても、組織目標を設定し、目標管理による行政運営を行いたい旨、説明があった。
会議では、日常的な仕事や人材育成についての目標の設定や各部の目標設定について、協議が行われた。

3.滋賀県市町対話システムについて(総務部)

県と市町が対等なパートナーとしてより適切な連携・協力関係を構築し、協働による自治の創造に資することを目的に「滋賀県市町対話システム」を構築する旨、説明があった。
3月25日開催の副知事・副市町長会議で最終調整が行われ、4月15日開催の第3回自治創造会議において確認後、運用を開催する予定。

(報告事項)

1.第3回滋賀県自治創造会議の開催について(総務部)

4月15日に長浜市において、関西学院大学経済学部教授の林宜嗣さんを迎えて「これからの地方財政について」(仮題)を議題に、第3回滋賀県自治創造会議が開催される旨報告があった。会議では併せて滋賀県市町対話システムについて確認される予定。

2.副知事・副市町長会議の開催について(総務部)

3月25日に県庁において、副知事・副市町長会議を開催する旨報告があった。
会議では、滋賀県市町対話システム、(仮称)滋賀地方税滞納整理機構の設置や琵琶湖の市町境界設定に伴う交付税増額分を活用した新たな取組などについて、意見交換などを行う予定。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。