文字サイズ

平成19年8月21日定例部長会議の概要

定例部長会議の概要

  1. 開催日時:平成19年8月21日(火曜日)8時30分〜9時
  2. 開催場所:特別会議室
  3. 出席者: 知事・副知事・教育長・警察本部長・政策調整部長・総務部長・県民文化生活部長・琵琶湖環境部長・健康福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・会計管理者・企業庁長・議会事務局長・行政経営改革担当理事・防災危機管理監
  4. 議事概要:下記のとおり

(報告事項)

1.(仮称)滋賀エコ・エコノミープロジェクトについて(政策調整部)

滋賀の経済界と県の共同プロジェクトとして、環境成長経済の実現を目指した「新しい発展モデル」の発信により、新たな雇用の創出と事業活動の革新を牽引することを目的とした「(仮称)滋賀エコ・エコノミープロジェクト」を推進する旨報告された。
このプロジェクトでは、滋賀の経済界と県合同の戦略本部を設置し、「カーボンオフセットの仕組みづくり」や「新事業創造ゾーンの構築」を目玉とした個別プロジェクトについての検討など、炭素中立県づくりに向けた取組を行おうとするものである。
今後は、8月27日にキックオフ宣言を行うとともに、11月にシンポジウムを開催し、プロジェクトの概要を公表する予定である。

2.第8回「日本まんなか共和国知事サミット」の結果概要について(政策調整部)

第8回「日本まんなか共和国知事サミット」が今月8日、岐阜県各務原市で開催されたので、その概要について報告があった。
サミットでは、文化・環境など9の分野の連携事業について、岐阜県知事から結果の報告があったほか、森林づくり、まちづくり・地域づくり、地方分権の推進の3テーマについて、討議がなされた。
本県嘉田知事からは、森林づくりについて、琵琶湖森林づくり県民税や、ボランティア団体・企業による森林保全活動、「やまのこ」の紹介などがなされたほか、地域づくりでは、高島市で行われている森・里・湖を活かしたエコツーリズム振興などについて紹介された。

3.平成19年度滋賀県総合防災訓練について(県民文化生活部)

滋賀県総合防災訓練を来月2日に、甲賀地域で実施する旨報告された。
今年度の訓練は、「甲賀地域で大規模地震が発生し、多数の家屋が倒壊するとともに、ライフラインや交通機関に破損等が起こり、多数の死傷者が出た」との想定で、148機関、約7,500人の参加のもとに実施される。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。