文字サイズ

キャリアパス・イメージ(2)

高島土木事務所 所長、(兼)地域防災監、(兼)地域調整監 中辻 克明 (総合土木)

「さらに豊かな滋賀の創造にチャレンジしていきましょう!」

キャリアパス(総合土木)

今までで一番印象に残っている仕事は何ですか?

入庁以降、様々な仕事を経験してきましたが、前職の道路保全室での仕事が印象に残っています。県管理道路の安全確保のため、急速に老朽化が進行する橋梁やトンネルなどの道路施設のメンテナンスサイクルを確立していくための環境づくりが、最大のミッションでした。
国や学識経験者などとも意見交換しながら、橋梁等の長寿命化修繕計画等を策定し、計画的に維持管理を進めるための基礎づくりを行うことが出来ました。
また、平成28年2月の滋賀県自転車条例制定を契機に、自転車で琵琶湖を一周するビワイチの関連施策の立ち上げにも関与出来たことは、大変印象深いものとなっています。


滋賀県職員の魅力ややりがいは何ですか?

私たちが事業に携わる土木施設は、橋梁やトンネルなど大規模なものから小規模なものまで様々ですが、いずれも県民生活と密接に関わっています。自分の考えを反映した構築物が形となる過程に臨場できることが最大の魅力です。
県民ニーズが多様化する中、仕事の過程では、必ずといっていいほど克服しなければならない課題に遭遇しますが、様々な苦労を乗り越えて事業が完成し、「良くなった」などの良い評価をいただけた時は喜びもひとしおで、やりがいにつながります。関係者への説明や調整など、現場で苦労したことは自身の財産となり、必ず次の仕事にも活かされてくると思います。前向きなチャレンジが大切です!

職場の雰囲気はいかがですか?

県内には7つの土木事務所と1つの支所、あわせて8つの事務所があり、それぞれの事務所で30人から60人の職員が働いています。
土木事務所の仕事は、高度な知識や豊富な経験が求められる場合や、突発的な災害対応など、困難に直面することもありますが、組織で対応するので不安を感じることはありません。
最初は、仕事の進め方などわからないことも多いと思いますが、どの事務所にも皆さんと年の近い若手職員が配属されており、優しく教えてくれます。また、気さくな職員も多いので、話しやすく、仕事をはじめ様々な相談がしやすい雰囲気だと思います。


受験希望の方へ

今後、人口減少等の厳しい局面を迎えていく中、滋賀県の持つポテンシャルをさらに高めていくには、時代に応じた課題に的確に対応しながら、望ましい方向に軌道修正をはかっていく必要があります。
そのためには、皆さんが持っている柔軟なアイデアとフレッシュなエネルギーが必要です。
さあ、私たちと一緒にさらに豊かな滋賀の創造にチャレンジしていきましょう!

<入庁以来現在までの経歴>

平成5年度~平成9年度
長浜土木事務所道路計画課 技師・主任技師
●民間企業から転職し、県職員としてスタート。事務所管内の道路の建設事業、維持修繕事業や雪寒対策事業などを担当。
●事業の進め方を学ぶ中、県民への説明や関係機関との調整など、コミュニケーションの重要性を認識しました。

平成10年度~平成12年度
東北部流域下水道事務所 主任技師・主査
●琵琶湖流域下水道東北部処理区の伊吹第一幹線、木之本東幹線などの下水道管渠を築造するためのシールド工事や長浜第二幹線の調査・計画を担当。

平成13年度~平成14年度
土木交通部道路課 主査
●県内の市町村が行う道路事業に対する技術的な支援を担当。
●この時期に土木交通部のキャッチコピーとして提案した、「創ります守ります 滋賀の風土」は、現在も継続して利用されています。

平成15年度~平成18年度
湖北地域振興局木之本建設管理部 道路計画課・計画調整課・管理調整課 主査・副主幹
●県が管理する国道303号金居原バイパス整備事業や土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域等の調査業務を担当。
●建設管理部が行う事業について、県民理解を深めるため、広報誌などを作成し、積極的に広報活動を行いました。

平成19年度~平成21年度
土木交通部監理課 技術管理室 主幹
●公共事業の環境対策、技術基準の検討・策定、土木技術職員の研修、危機管理、入札・契約制度の技術的な側面からの見直しなどの幅広い業務を担当。

平成22年度~平成24年
度草津市都市建設部 副部長
●草津市のまちづくりの核となる、旧草津川跡地利活用計画、景観条例、中心市街地活性化計画づくりを担当。
●県から市へ派遣され、新たな人々との交流により、自らの視野が広がり、知見が広まったことは、大きな財産となりました。

平成25年度~平成26年度
長浜土木事務所道路計画 課長
●事務所管内の道路の建設事業、維持修繕事業や雪寒対策事業などの総括を担当。

平成27年度~平成28年度
土木交通部道路課 道路保全室 室長
●橋梁をはじめとする道路施設の長寿命化対策、道路の防災対策、自転車・歩行者の交通安全対策、雪寒対策、道路法に関する許認可などの総括を担当。
●これまで経験の少なかった、道路の許認可事務など困難な課題に直面しましたが、チーム力で乗り切ることが出来ました。

平成29年度
高島土木事務所長、(兼)地域防災監、(兼)地域調整監
●高島土木事務所の総括、高島地域の地域防災、管内の地方機関の調整の総括を担当。

お問い合わせ
滋賀県人事委員会事務局 
電話番号:077-528-4454
FAX番号:077-528-4970
メールアドレス:jinji-i@pref.shiga.lg.jp