文字サイズ

高病原性鳥インフルエンザのハイリスクシーズンに入りました!~家きんを飼養されている方へ(報告のお願い)~

県内での発生リスクは極めて高い状況です。

・京都市の野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました!(令和4年2月2日

・鳥インフルエンザ(岩手県、16例目)が確認されました!(令和4年2月12日 )

【遵守率の推移】(右グラフ)

全ての項目で遵守率が上昇しました。

 自己チェックは今月で最後ですが、5月まではハイリスクシーズンです。

引き続き、遵守の徹底にご協力をお願いします。

自己点検の結果を家畜保健衛生所までFAXまたはメールで報告願います。

FAX:0748-37-4821

メールアドレス:ge37@pref.shiga.lg.jp

※「しがネット受付サービス」からも報告できます。

<中規模(100羽以上飼養されている方)>
https://ttzk.graffer.jp/pref-shiga/smart-apply/apply-procedure-alias/21ge37010101

<小規模(100羽未満飼養されている方)>
https://ttzk.graffer.jp/pref-shiga/smart-apply/apply-procedure-alias/21ge37010102

報告方法は下記を参考にしてください。↓↓

報告期限

3月9日(水)まで

まとまった数の死亡、鶏冠や脚の内出血など疑わしい症状があった場合は、直ちに家畜保健衛生所に連絡してください。

お問い合わせ
滋賀県家畜保健衛生所 
電話番号:0748-37-7511
FAX番号:0748-37-4821
メールアドレス:ge37@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。