文字サイズ

滋賀県外国人観光客等受入環境整備事業補助金

 今般の新型コロナウイルス感染症の拡大防止期間を将来の観光需要回復に向けた積極的な「助走期間」と位置づけ、国土交通省の「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金」の補助を受ける県内宿泊事業者に対し、上乗せ補助するものです。

 対象事業は、「宿泊施設インバウンド対応支援事業」、「交通サービスインバウンド対応支援事業」および「地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業」のうち、「宿泊施設インバウンド対応支援事業」(「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業」、「宿泊施設バリアフリー化促進事業」)です。

申込期限

令和2年8月31日月曜日午後5時まで(必着)

※受付は先着順ではありません。

宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業

事業概要

訪日外国人旅行者がストレスフリーで快適に宿泊できる環境を整備しようとするもので、キャッシュレス化やWi-Fi環境の整備、案内表示の多言語化、洋式トイレの整備など受入環境整備を促進する事業です。

補助対象事業者

・宿泊事業者等団体:複数の宿泊事業者(5者以上)により構成された協議会(団体)

・構成員宿泊事業者:宿泊事業者等団体の構成員である宿泊事業者

・特定宿泊事業者:DMOまたは地方公共団体(滋賀県および県内市町)と連携して訪日外国人宿泊者数を向上させる取組を行っている宿泊事業者(1者)

※観光庁への交付申請に当たり、事前に「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画認定申請書」の認定を受ける必要があります(観光庁への計画の申請期限:6月30日火曜日)

補助対象事業

・館内共用部の無料公衆無線LAN環境の整備

・館内共用部の洋式便器の整備

・自社サイトの多言語化

・クレジットカード等決済端末の整備 など

補助率

1/3(上限150万円)

※申請件数次第では補助金の額を調整する場合があります。

参考

宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業についての観光庁ホームページ

https://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000453.html

宿泊施設バリアフリー化促進事業

事業概要

宿泊施設のバリアフリー化改修を促進することにより、宿泊施設における高齢者、障害者等を含めた旅行者全体の安全・安心の確保を図る事業です。

補助対象事業者

・宿泊事業者(1者)

※観光庁への交付申請に当たり、事前に「バリアフリー化促進事業計画認定申請書」の認定を受ける必要があります(観光庁への計画の申請期限:6月30日火曜日)

補助対象事業

・共用部におけるスロープやエレベーター等の改修

・敷地内の通路、建築物の出入口の改修

・客室の大規模改修 など

補助率

1/4(上限250万円)

※申請件数次第では補助金の額を調整する場合があります。

参考

宿泊施設バリアフリー化促進事業についての観光庁ホームページ

https://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000451.html

手続き等

要綱・様式

「滋賀県外国人観光客等受入環境整備事業補助金交付要綱」をご覧ください。

書類提出先

滋賀県 商工観光労働部 観光振興局 観光推進室

520-8577大津市京町四丁目1番1号 県庁東館4階

電話番号077-528-3743

メールアドレスff00@pref.shiga.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。