文字サイズ

野生のイノシシにおける豚コレラ対策について

滋賀県における野生イノシシでの豚コレラウイルス感染の確認

 9月13日(金)に、多賀町内で発見された死亡野生イノシシについて、県による遺伝子検査で陽性が疑われ、国の研究機関において豚コレラ確定検査を実施したところ、9月19日(木)に豚コレラウイルス陽性が確定しました。

 詳細は添付ファイルを参照ください。

皆様へのお願い

・ワクチン散布地域において、山林への立入は、できる限り控えていただきますようお願いします。

(豚コレラウイルスが靴底等に付着して外部への持ち出しや拡散の恐れがあるため)

・山林に立ち入られた場合は、山林から出る際に、靴底等に付着した土を洗い流すなど、豚コレラの拡散防止にご協力をお願いいたします。

・死亡イノシシを発見された際の対応については、以下の記事をご参照ください。

死亡した野生いのししを見つけたら(豚コレラ対応)

・滋賀県内で登山される皆様、林業関係者の皆様へお願いがございます。詳細は以下別添ファイルをご覧ください。

滋賀県特定家畜伝染病対策会議

野生イノシシ豚コレラ検査の結果

滋賀県では、野生イノシシの検査(死亡・捕獲)を実施しています。

野生のイノシシへの豚コレラ経口ワクチン野外散布

 昨年9月に、岐阜県において、豚およびイノシシの伝染病である豚コレラが発生しました。養豚場における豚コレラは、現在までに、岐阜県、愛知県、埼玉県、長野県、滋賀県、大阪府、三重県、福井県の8府県に拡大しており、現在も、終息することなく発生が継続しています。

 豚コレラの感染拡大の原因として、豚コレラに感染した野生イノシシの関与が挙げられています。国から野生イノシシのワクチンベルト構築と捕獲強化への協力要請があり、国家防疫の視点による豚コレラを封じ込めるための野生イノシシへの経口ワクチン散布とあわせて野生イノシシの捕獲強化に協力することになりました。

 そのため、野生イノシシに、豚コレラに対する免疫を持たせ、感染拡大を防ぐために、東近江市、多賀町、彦根市および高島市の野生イノシシ生息地域に経口ワクチンの散布を行います。

 皆様のご協力とご理解をよろしくお願いいたします。

【散布期間】

令和元年9月下旬に1回、12月~2月に2回、3月に1回を予定

経口ワクチンについて

・ワクチンは、食品安全委員会で安全と評価された成分や食品からできています。

・ワクチンは、イノシシが生息する山林等の土中に埋めます。

お知らせ

豚コレラの発生情報等に関する情報については、下記ページをご覧ください。

豚コレラについて(滋賀県)

豚コレラについて(農林水産省:外部サイト)

経口ワクチン散布に係る問合せ先

滋賀県農政水産部畜産課

滋賀県大津市京町四丁目1-1

TEL:077-528-3853

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。