文字サイズ

活動実績

当協議会では参加機関相互の連携を深め、相談実務のスキルアップを図るため、合同の研修の機会を設けています。

平成29年度第3回講座 平成30年3月2日開催

テーマ「”多様な性(セクシュアリティ)”の理解と対応」

今回の講座では、性的指向・性同一性、また、LGBT(※)等に関する理解を深めるとともに、相談対応の際のポイント等について学ぶことで、今後の相談業務に役立てることを目的として、立教女学院短期大学 現代コミュニケーション学科 専任講師 佐々木掌子さんを講師にお迎えし、お話をいただきました。

前半は「理解編」として、LGBTなどの言葉や性の構成要素について解説いただき、「性は、すべての人、一人ひとりが違うから、多様である」ということを理解した上で、相談機関に寄せられる様々な事例の紹介を通じて、「多様な性にポジティブでいる」「多様な性にポジティブな環境をつくる」ことの大切さを学びました。

後半は「対応編」として、相談対応にあたっての基本的な構えについて学んだ後、自分の感情について自己チェックする時間が設けられ、新しい気づきを得ることができました。最後に、事前に募集した質問への回答と事例検討をグループワーク形式で行いました。グループワークは、正しい対応か悪い対応かを判断するのではなく、さまざまな視点から対応を考えて意見を出し合う、という形で進めました。参加者からさまざまな意見が発表され、多くの学びが得られました。

※ 「LGBT」とは、女性同性愛(Lesbian)、男性同性愛(Gay)、両性愛(Bisexual)、割り当てられた性別とは異なる性別にアイデンティティをもつ(Transgender)の頭文字を取った総称。

研修の様子(理解編)
研修の様子(対応編グループワークの様子)

参加者の声

  • 自分自身がもっている偏った見方に気づくことができ、とても学びの多い研修でした。
  • 新しい発見があり、実際の相談業務に役立つことが多かったです。
  • 相談対応をする際の基本的な姿勢について、改めて見直すきっかけとなりました。
  • とてもわかりやすく、理解が進みました。1つでも自分ができることを考えていくことが大切だと思いました。
  • 研修で学んだことを意識し、自問自答しながら相談員としてのスキルを上げていきたいと思いました。
お問い合わせ
滋賀県総合企画部人権施策推進課
電話番号:077-528-3533
FAX番号:077-528-4852
メールアドレス:cf00@pref.shiga.lg.jp