文字サイズ

じんけんフェスタしが2014

フェスタロゴイメージ

平成26年(2014年)9月20日(土曜日) 10時から守山市民ホールで開催しました「じんけんフェスタしが2014」の内容について紹介します。

すべての人の人権が尊重される豊かな社会の実現をめざし、県ではさまざまな啓発活動を実施しており、その一環として、毎年9月の同和問題啓発強調月間には総合的な啓発イベント「じんけんフェスタしが」を開催しています。

今年は「うたの力と人権」をテーマに、歌手の川嶋あいさんをメインゲストにお迎えし、「Heart to Heart ~笑顔でつながるコンサート~」と題したトーク&ライブを開催しました。

また、不登校を経験した滋賀県出身の3人組バンドJERRYBEANS(シ゛ェリーヒ゛ーンス゛)さんと手話シンガーのyokkoさんが「ジンケンダー」と一緒に出演する「人権ふれあい啓発」や、多国籍料理やB級グルメが楽しめる「ワールドバザール」など、気軽に参加していただける催しやコーナーを開催し、のべ約2,100人の方に御来場いただき、県民の方々に、支えあい・助けあい・認めあう人権の大切さを考え、感じていただきました。

◆日時 平成26年(2014年)9月20日(土曜日) 10時00分~16時00分 (全体開場9時00分、大ホール開場9時30分)

◆場所 守山市民ホール(滋賀県守山市三宅町125番地)

◆主催 滋賀県、滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会(構成員:大津地方法務局、滋賀県、大津市、滋賀県人権擁護委員連合会および社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会)

イベントの全体像

◆テーマ うたの力と人権

◆スローガン 支えあい、助けあい、認めあい

◆開催内容

大ホール

オープニングセレモニー(10時00分~)

オープニングセレモニー

県立守山中学・高等学校吹奏楽部による演奏と第39回全国高等学校総合文化祭滋賀大会のPRでオープニングを飾っていただきました。

開会式典(10時30分~)

主催者挨拶:滋賀県知事

開会宣言:大津地方法務局長

開会式典

法務省の人権イメージキャラクター「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」、第39回全国高等学校総合文化祭滋賀大会マスコットキャラクター「湖楠」(うみな)、そして滋賀県人権啓発キャラクター「ジンケンダー」が勢揃いしました。

じんけんクイズ&ジンケンダー体操(10時50分~)

ジンケンダーと一緒にQ&Aをして「人権」について考えました。座学のあとは、身体を使って「ジンケンダー体操」をしました。

じんけんクイズ
ジンケンダー体操

人権ラブソングフェスティバル出演者によるミニステージ(11時20分~)

エイトビート

毎年12月に県立文化産業交流会館で開催されている「人権尊重と部落解放をめざす県民のつどい」のプログラムの一つである「人権ラブソングフェスティバル」のミニステージとして、これまで出場されたことのある2人組みユニット「A&B」(エイトビート)さんが歌で熱い想いを届けていただきました。

ジェリービーンズ&yokkoの人権コンサート(13時00分~)

ジェリービーンズとヨッコ

不登校を経験した県出身の3人組バンドJERRYBEANSさんと手話シンガーのyokkoさんによる歌・語り・映像を織り交ぜた人権ライブコンサートが行われました。

手話歌ワークショップ(13時30分~)

川嶋あいさんのトーク&コンサートのフィナーレで「旅立ちの日に…」のサビ部分を参加者全員で一緒に手話で歌うため、手話通訳者の花山教子さんによる手話歌レクチャーが行われ、手話を学んだことのない方にも気軽に手話を体験していただきました。

手話歌レク1
手話歌レク2

川嶋あいさん「トーク&コンサート」(14時00分~)

「Heart to Heart ~笑顔でつながるコンサート~」と題して、メインゲストである川嶋あいさんから、前半は社会貢献活動や、未だに残る差別や人権問題についての思いをお話しいただいた後、コンサートをしていただき、エンディングは参加者全員で「旅立ちの日に…」のサビ部分を手話歌をして盛り上がりました。

トーク&ライブ

野外

立命館中高とのコラボ

野外ステージでは、地元の守山市吹奏楽団による演奏や、キッズダンスチームThinkによる元気あふれた演技のほか、人権ラブソングフェスティバル出演者による歌のステージ。そして、立命館守山中学校高等学校吹奏楽部の「旅立ちの日に…」の演奏に合わせて川嶋あいさんが歌うスペシャル企画が行われ、盛り上がりました。

飲食物販

野外ステージの周りでは、多国籍料理やB級グルメが楽しめる「ワールドバザール」や、地元の障害福祉サービス事業所やNPO団体等による飲食・物販を行う「マルシェ in 守山」のほか、葦を使って笛や写真立てなどを作る「ヨシ工作」をしていただきました。

その他

その他にも、来場者の皆様に楽しみながら学んでいただける催しをたくさん行っていただき、また、支えあい・助けあい・認めあう人権の大切さを考え、感じていただきました。

県産材でゴム鉄砲や鳩笛・びいびい笛などを作る「スペシャルワークショップ」

びいびい笛

各種人権関係のパネル等を展示する「人権啓発パネル展」、「人権メッセージパネル展」、「人権関連団体等啓発展示ブース」

人権メッセージパネル
難病連展示ブース

人権擁護委員による「風船アート」や「困りごと・悩みごと相談コーナー」

風船アート

県内の大学生の企画運営による「似顔絵」コーナーの実施や展示

人権啓発学生サポーター会議1
人権啓発学生サポーター会議2

じんけんクイズに答えてステキな記念品がゲットできる「じんけんクイズラリー」

文部科学省選定作品等を鑑賞いただく「人権啓発ビデオコーナー」

◆じんけんフェスタしが2014 広報チラシ等

・チラシ

・ポスター

・リーフレット

お問い合わせ
滋賀県総合企画部人権施策推進課
電話番号:077-528-3533
FAX番号:077-528-4852
メールアドレス:cf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。