文字サイズ

じんけんフェスタしが2010

平成22年9月11日に開催しました「じんけんフェスタしが」の内容について、下記のとおり紹介します。

すべての人の人権が尊重される豊かな社会の実現をめざし、県ではさまざまな啓発活動を実施しており、その一環として、総合的な啓発イベント「じんけんフェスタしが2010Sports for AllSmile for All」を開催し、 当日は延べ約3,100人の方にご来場いただきました。

じんけんフェスタ2010ロゴ

開催内容

ウェルカム演奏

Bears Bandによる演奏の後、滋賀県脳卒中友の会による失語症コーラスの方とコーラスサポートの「WANNA-BE!」を迎えて、会場が一体となって歌いました。

滋賀レイクスターズプレシーズンマッチ

2009-2010シーズン1位浜松・東三河フェニックスを迎えて、プレシーズンマッチを行いました。結果は93-86で滋賀レイクスターズが劇的な逆転勝利を収めました。

試合写真です。
レイクスターズロゴ

VS

浜松東三河フェニックスロゴ
試合写真です

人権トークショー 「スポーツを通じて「人権」の大切さを考える」

パネリストに石橋貴俊さん(滋賀レイクスターズヘッドコーチ)、藤原隆充さん(滋賀レイクスターズ選手)、前野奨さん(LAKE SHIGA B.B.C)、小杉隆浩さん(日本・西日本障害者ゴルフ協会所属)を、 コーディネーターに小椋博さん(龍谷大学社会学部教授)をお迎えし、パネリストそれぞれの体験談等を交えて、このイベントのテーマである「スポーツと人権」について、わかりやすく、楽しく語っていただきました。

人権トークショー写真です

写真左からコーディネーターの小椋博さん、パネリストの藤原隆充さん、石橋貴俊さん、前野奨さん、小杉隆浩さん

車椅子バスケットボールエキシビジョンマッチ

人権トークショーや車イスバスケットボールワークショップにもご出演いただいたLAKE SHIGA B.B.Cと京都アップスのエキシビションマッチを行いました。迫力ある車イスバスケットに来場者もびっくり、また感動の内容でした。

車イスバスケ写真
車イスバスケット写真2

滋賀県人権尊重の社会づくり条例施行10周年記念式典

式典写真です。

平成13年4月1日に、この条例が施行され、今年で10周年となることを記念して、この式典を行いました。

これからも県民の皆様とともに、人権尊重の社会づくりにまい進していきます!!!

その他の催し

・映画「キクとイサム」上映会

キクとイサム写真です

日本人女性と黒人米兵との間に生まれた姉弟キクとイサムが力強く生きるさまを明るく描いた作品。

キネマ旬報ベストテン第1位(1959年度)

監督 今井正
脚本 水木洋子
キャスト 高橋恵美子、奥の山ジョージ、北林谷栄、滝沢修ほか

この「キクとイサム」、実は滋賀県在住の角正太郎さんが製作された映画ということで、滋賀県ゆかりの映画です。滋賀県広報誌の滋賀プラスワン11、12月号にそのご子息の角沙門さん、イサム役で出演された奥の山ジョージさんの特集記事を掲載する予定ですので、お楽しみに!!!

(独立プロ名画保存会)

・野洲市主催同和問題講演会「人が大切にされる時代を築く~人権・同和問題の解決に向けて~」

講師に元内閣官房長官の野中廣務さん、野洲市長の山仲善彰さんを迎えて、お話いただきました。

  • 絵本コンサート
    • 題目:三上山ゆかりの伝説、出演:(社)あかるいまちづくりの会
  • 障害者スポーツワークショップ(車イスバスケット、障害者ゴルフ)
    • 出演:LAKE SHIGA B.B.C選手、小杉隆治さん(全日本・西日本障害者ゴルフ協会所属)
  • ふれあいバスケットボールミニクリニック(小学生の初心者対象)
    • 講師:滋賀レイクスターズ
  • キッズチア体験教室(4歳~小学6年生対象)
    • 講師:レイクスチアリーダーズ
  • 滋賀県人権擁護委員連合会による人権相談コーナー
  • 各種展示コーナー:人権啓発パネル展、人権メッセージパネル展、その他関係課パネル展・資料配布コーナー
  • 人権啓発関連団体ブース:(財)滋賀県人権センター、近江渡来人倶楽部、NPO法人おうみ犯罪被害者支援センター、NPO法人滋賀県難病連絡協議会、オレンジリボン隊
  • うまいもん屋台コーナー
  • ぬりえ・工作コーナー
  • 滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会コーナー(バルーンアート)
お問い合わせ
滋賀県総合企画部人権施策推進課
電話番号:077-528-3533
FAX番号:077-528-4852
メールアドレス:cf00@pref.shiga.lg.jp