文字サイズ

令和元年10月から地方税共通納税システムが開始されます

地方税共通納税システムとは、すべての都道府県、市区町村へ、自宅や職場のパソコンから電子納税できる仕組みで、令和元年10月から利用できます。

地方税共通納税システムを利用することにより、複数の地方公共団体へ一括して電子納税ができるようになります。

納税できる税金の種類

  • 法人都道府県民税
  • 法人事業税
  • 地方法人特別税
  • 特別法人事業税
  • 法人市町村民税
  • 事業所税
  • 個人住民税(特別徴収分、退職所得分)

地方税共通納税システムのメリット

  1. 全地方公共団体へ電子納税ができます。
  2. ダイレクト納付ができます。
  3. 金融機関窓口等へのお出かけが不要となります。
  4. 電子納税で納付事務の負担が軽減されます。
  5. 手数料は無料です。

※ダイレクト納付とは、事前に登録した金融機関口座を指定して、直接税金を納付する方式です。

インターネットバンキングの契約が不要で、代理人に依頼して納税することもできます。

ご利用の流れ

  1. 利用届出・・・eLTAXのホームページから利用届出(新規)を提出してください。(提出済みの方は不要)
  2. 電子申告・・・PCdeskなどのeLTAX対応のソフトウェアから申告書を作成・送信してください。
  3. 納付情報入力・・・納付する税金の種類や納付先などの情報入力、またはCSVファイルの取り込みを行います。
  4. 納付方法選択・・・インターネットバンキングまたはダイレクト納付を選ぶことができます。
  5. 納税・・・取引金融機関のネットバンキングや、事前に登録した口座から引き落としされます。

※ご利用にあたっての注意点

地方税共通納税システムを利用して電子納税された場合、領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は、従来どおり納付書により金融機関等の窓口で納付してください。

電子納税で納税後すぐに県税の納税証明書を請求する場合は、納税が完了したことを確認したうえ交付しますので、eLTAXで印刷した「納付結果通知」をご用意ください。または従来どおり金融機関等で納税して領収証書を受け取ってください。(納税証明書の請求の際に必要となります。)

よくあるご質問

地方税共通納税システムのよくあるご質問については、以下のチラシをご覧ください。

お問い合わせ先(地方税共通納税システム)

地方税共通納税システムについては、eLTAXのホームページをご覧いただき、ご不明な点は以下の問い合わせ先までご連絡ください。

・eLTAXヘルプデスク

電話番号 0570-081459

IP電話・PHS 03-5521-0019

<受付時間>

9時から17時(土日祝日、年末年始を除く)

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。