文字サイズ

改元に係る免税証の取扱いについて

本年5月1日の改元に係る免税証の取扱いは、以下のとおりとなりますので、お知らせします。

  • 滋賀県が交付する免税証は、平成31年4月30日以前に交付する分は「平成」表記によることとし、翌5月1日以降に交付する分から、改元後の新元号で表記することとします。
  • そのため、平成31年4月30日までに交付する免税証については、その有効期限の終期は最長で平成32年4月30日と表記されることとなりますが、その免税証は、改元後においては新元号に読み替えることとしますので、引き続き有効なものとして使用していただけます。

お問い合わせは、各県税事務所の窓口か、下記税政課まで。