自動車を譲った方や譲り受けた方は手続きが必要です

自動車を他人に譲った場合、譲り受けた場合、または使わなくなった場合は、登録がそのままですと、翌年度も前に所有(使用)していた方に自動車税が課税されますので、必ず運輸支局で名義変更や廃車の登録手続きをしてください。
手続きを相手方や代理人に依頼されたときも、登録が確実に行われたかどうか確認してください。
手続きが行われなかった場合、以下のようなことが起こる可能性があります。

現在、所有していない(下取りに出した、廃車した)車の納税通知書が送られてきた

理由

自動車税は、毎年4月1日(午前零時)現在、自動車の所有者(ローンによる購入で所有権が売り主にある方の場合は使用者)として運輸支局に登録されている方(車検証に記載)を納税義務者としてその年度分(4月~翌年3月までの間分)を課税します。
このことから、自動車を乗り換えるために下取りに出されたり、古くなって乗れなくなったので廃車するためまっ消登録を自動車販売業者に依頼された場合など、3月31日以前に登録の変更(車検証の書き換え)を業者等に依頼されたにもかかわらず納税通知書が届いた場合は、登録の変更(車検証の書き換え)ができていないことが考えられますので、依頼先に確認してください。
また、4月に入ってから納税通知書が届くまでの間に自動車を売却等された場合につきましても、4月1日(午前零時)現在の自動車の所有者にその年度(1年分)の自動車税が課税されますので、4月1日(午前零時)現在の自動車の所有者に納税通知書が送付されることになります。このため、移転登録(「滋賀ナンバー」のまま車検証を別の名義人に書き換える手続)後の新所有者の方に納税義務が発生するのは翌年度からとなります。
なお、まっ消登録された場合は、4月からまっ消登録された月までの月割額が納税額となります。

手続き

  • 運輸支局で名義変更や廃車の登録手続きを確実に行ってください。
  • 手続きを相手方や代理人に依頼されたときも、登録が確実に行われたかどうか確認してください。

名義変更や廃車の登録手続きの詳細については

近畿運輸局滋賀運輸支局

電話:050-5540-2064

※音声案内に従い「037」とダイヤルすれば、オペレーターにつながります。

お問い合わせ

滋賀県総務部税政課
電話番号:077-528-3215
FAX番号:077-528-4819
メールアドレス:bg00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」