平成26年度食の安全・安心シンポジウム

~今、輸入食品の安全は~ を開催しました!

日本は食品・食材の多くを海外に頼っており、輸入食品を抜きに食生活は成り立たない状況ですが、ししゃもへの殺鼠剤の混入、期限切れ鶏肉の使用など、輸入食品の安全性への信頼を揺るがす問題が続発しています。
一方で、輸入食品の安全性確保のため、事業者、国、都道府県市においては様々な取り組みが進められています。
今年度、本県で実施した県政モニターアンケートの結果では、食品の不安に対する問いに「輸入農産物に残留する農薬についての不安」をあげる回答が最も多く、消費者の輸入食品に対する安心は十分に得られていない状況にあります。
このことから、輸入食品に関係する行政、事業者および消費者が一堂に会し、輸入食品に対する取り組みや状況について語り合い、正しい知識の普及と相互理解を深めるためシンポジウムを開催しました。

日時

平成27年1月21日(水曜日)13時30分から16時まで

場所

栗東芸術文化会館さきら(滋賀県栗東市綣二丁目1番28号)

主催

滋賀県

参加人数

136名

内容

1 開会

2 基調講演

「食品中化学物質のリスク評価について」

国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部 第三室長 畝山 智香子 氏

「輸入食品の安全性確保の取り組みについて」

大阪検疫所 輸入食品相談指導室 室長 鈴木 則彦氏

3 パネルディスカッション

コーディネーター

滋賀県立大学人間文化学部 教授 柴田 克己 氏

パネリスト

  • 滋賀県生活協同組合連合会 専務理事 西山 実 氏
  • 一般社団法人滋賀県食品衛生協会 専務理事 山中 幾治 氏
  • 滋賀県健康医療福祉部食の安全推進室 室長 辻 浩司

アドバイザー

  • 国立医薬品食品衛生研究所安全情報部 第三室長 畝山 智香子 氏
  • 大阪検疫所 輸入食品相談指導室 室長 鈴木 則彦 氏

4 閉会

基調講演

基調講演1
基調講演2

パネルディスカッション

パネルディスカッション2
パネルディスカッション2

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」