平成24年度食の安全・安心シンポジウム

~食肉を生で食べることのリスクを知ろう~を開催しました!食品の製造・加工技術の高度化、輸入食品の増大など、食生活を取り巻く環境が大きく変化する中、食肉の生食や浅漬による腸管出血性大腸菌食中毒死亡事件など、食品の安全・安心を脅かす問題が生じています。
一方、食品関係事業者の品質管理に関する取組や国・自治体による食品リスクの評価など、安全性確保のための取組が進められているところです。
食の安全・安心を確保するためには、生産者・事業者・消費者および行政がそれぞれの立場での責務と役割を果たすとともに、相互に信頼県関係を構築する必要がありますが、県民にこれらの取組が十分に認識されていないために、食の安全に対する不要な不安が根強く、安心感が得られていない状況にあります。
こうしたことから、関係者が一堂に会し、最新の情報や知識を習得するとともに、意見交換を行うシンポジウムを開催しました。

日時

平成24年11月22日(木曜日) 13時30分~16時00分

場所

野洲文化小劇場(野洲市小篠原2142)

主催

内閣府食品安全委員会、滋賀県、滋賀県生活協同組合連合会

参加人数

45名

内容

1 開会

2 話題提供

「食肉の生食リスクについて」

内閣府食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション専門官 久保 順一 氏

「滋賀県における食中毒などの現状について」

滋賀県健康福祉部生活衛生課食の安全推進室 室長 岡本 茂胤 氏

3 意見交換

アドバイザー

滋賀県立大学人間文化学部 教授 柴田 克己 氏

パネリスト

  • 内閣府食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション専門官 久保 順一 氏
  • 滋賀県生活協同組合連合会 専務理事 西山 実 氏
  • 滋賀県生活協同組合連合会 理事 岡野 早苗 氏
  • 滋賀県健康福祉部生活衛生課食の安全推進室 室長 岡本 茂胤 氏

コーディネーター

内閣府食品安全委員会事務局 技術参与 瀬古 博子 氏

4 閉会

話題提供

意見交換

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」