平成23年度食の安全・安心シンポジウム

「食品と放射性物質」を開催しました!県では、昨年12月に食の安全・安心の確保を図り県民が安心して暮らすことの出来る社会の実現を目指し、「滋賀県食の安全・安心推進条例」を制定したところです。
食の安全・安心の確保のためには、関係する行政、生産者・事業者および消費者がそれぞれの立場で役割を果たすとともに相互に信頼関係を構築することが大切です。こうしたことから、これらの関係者が一堂に会し、食の安全・安心に関するそれぞれの取り組みや立場について「信頼」をテーマに語り合い、相互理解を深めることを目的とする食の安全・安心シンポジウムを開催しました。

日時

平成23年10月19日(水曜日) 13時30分~16時00分

場所

コラボしが21大会議室(3F)(大津市打出浜2-1)

参加人数

130名

内容

1開会あいさつ

健康福祉部次長

2話題提供

内閣府食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション専門官 久保 順一 氏

滋賀県健康福祉部生活衛生課食の安全推進室 室長補佐 辻 浩司 氏

3意見交換

テーマ:「食品と放射性物質」

コーディネーター:
  • 内閣府食品安全委員会事務局 技術参与 瀬古 博子 氏
アドバイザー :
  • 滋賀県立大学人間文化学部 教授 柴田 克己 氏
  • 滋賀県生活協同組合連合会 専務理事 西山 実 氏
  • 滋賀県生活協同組合連合会 コープしが 副理事長 大塚 光子 氏
  • 内閣府食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション専門官 久保 順一 氏
  • 滋賀県健康福祉部生活衛生課 食の安全推進室 室長 井上 剛彦 氏

話題提供

写真
写真

意見交換

9
7

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:shokunoanzen@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」