身近な食品を検査しています!

  • 滋賀県では、県民のみなさんが毎日口にする身近な食品を検査しています。
  • 対象食品は、スーパー等で販売されている、輸入食品などの広域流通食品です。
  • 平成26年度から平成30年度までに 2931 検体を検査しましたが、違反食品はありませんでした。

残留農薬検査

平成26年度:100検体
平成27年度:100検体
平成28年度:105検体
平成29年度:110検体
平成30年度:101検体
5年間合計:516検体

残留農薬の説明、アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

食品添加物検査


5年間で合計1,662検体検査をおこないました。
各検査項目に対する検査検体数は以下のとおりです。

添加物の説明については以下のファイルをご確認ください。

保存料

平成26年度:100検体
平成27年度:159検体
平成28年度:127検体
平成29年度:105検体
平成30年度:115検体
5年間合計:606件

アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

着色料

平成26年度:50検体
平成27年度:79検体
平成28年度:89検体
平成29年度:80検体
平成30年度:105検体
5年間合計:403検体

アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

発色剤

平成26年度:50検体
平成27年度:50検体
平成28年度:50検体
平成29年度:55検体
平成30年度:40検体
5年間合計:245件

アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

防かび剤

平成26年度:53検体
平成27年度:29検体
平成28年度:14検体
平成29年度:30検体
平成30年度:30検体
5年間合計:156件

アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

指定外添加物

平成26年度:50検体
平成27年度:50検体
平成28年度:52検体
平成29年度:50検体
平成30年度:50検体
5年間合計:252検体

アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

食中毒菌等の細菌検査

平成26年度:130検体
平成27年度:38検体
平成28年度:45検体
平成29年度:50検体
平成30年度:70検体
5年間合計:333検体

食中毒菌等の細菌検査の説明、アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

放射性物質検査

平成26年度:70検体
平成27年度:80検体
平成28年度:90検体
平成29年度:90検体
平成30年度:90検体
5年間合計:420検体

放射性物質検査の説明、アンケートおよび対象食品の説明および検査結果の詳細は以下のファイルをご確認ください。

⇒各年度毎の検査項目や食品についてはこちらを参考にしてください。

この事業の目的、内容など、より詳細は本リンク先をご覧ください。

◇広域流通食品の検査によるリスクコミュニケーション事業平成26年度の結果は、

平成26年度の結果は、本リンク先をご覧ください。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」