文字サイズ

平成25年度遺伝子組換え食品検査の実施結果

県内に流通しているとうもろこし加工品10検体およびコメ、コメ加工品5検体について、安全性未審査遺伝子組換え食品の混入の有無を検査した結果、それぞれ安全性未審査遺伝子組換え食品の混入はありませんでした。

とうもろこし加工品検査
検査食品 検体数 検査結果 原産国 検査内容
ポップコーン 1 陰性 米国 CBH351※1の混入の有無
コーンミール 1 陰性 米国 CBH351※1の混入の有無
コーン缶詰 1 陰性 米国 CBH351※1の混入の有無
コーンクリーム 1 陰性 国産 CBH351※1の混入の有無
コーンスープ 2 陰性 米国ニュージーランド CBH351※1の混入の有無
スイートコーン 3 陰性 タイ(2)米国 CBH351※1の混入の有無
ヤングコーン 1 陰性 タイ CBH351※1の混入の有無
コメ、コメ加工品検査
検査食品 検体数 検査結果 原産国 検査内容
タイジャスミン米 1 陰性 タイ 63Bt※1、NNBt※1、CpTI※1の混入の有無
ビーフン 2 陰性 タイ不明 63Bt※1、NNBt※1、CpTI※1の混入の有無
ライスヌードル 1 陰性 タイ 63Bt※1、NNBt※1、CpTI※1の混入の有無
ライスペーパー 1 検知不能※2 ベトナム 63Bt※1、NNBt※1、CpTI※1の混入の有無

※1害虫抵抗性を持つ遺伝子組換え農産物として開発されたが、日本では安全性が未審査であり、食品に使用することが認められていない。
※2コメ陽性対照試験においてDNAの抽出を2回実施したが、コメが本来持っているDNAを確認することができなかったことにより、組換えDNAの検査を実施することができなかったため。当該品の加工の度合いによりDNAが残存していないか、あるいはDNAの抽出が不可能な状態であることが考えられる。
検査期間:平成25年6月~12月

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-531-0248
FAX番号:077-537-8633
メールアドレス:shokuhin@pref.shiga.lg.jp