平成20年度遺伝子組換え食品の検査について

県内に流通しているとうもろこし加工品6検体、米加工品4検体について、安全性未承認遺伝子組換え食品混入の検査を実施した結果、未承認遺伝子組換え食品は検出されませんでした。

(表)
検査食品 検体数 検査結果 検査内容
検出 不検出
とうもろこし加工品 6 0 6 CBH351(注)の混入の有無(定性検査)
米加工品 4 0 4 Bt産生米(注)の混入の有無(定性検査)
合計 10 0 10

注トウモロコシ(CBH351)や米(Btタンパク産生米)は、害虫抵抗性を持つ遺伝子組換え農産物として開発されましたが、

日本では食品に使用することが認められておらず、食品に使用したり混入したりすると食品衛生法違反となります。

検査期間:平成20年11月~12月

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」