平成19年度 冬の食中毒予防一斉監視の実施結果

1.監視指導結果

(表)
業種 監視指導施設数 生カキ提供施設数(再掲) 不適施設数 不適内容 措置
施設基準違反 管理運営基準違反 その他 指導票 口頭指導
飲食店営業 一般食堂・レストラン・料理店 286 10 50 15 31 9 2 48
すし屋 46 2 3 3 2 0 0 3
旅館・ホテル 76 4 9 1 10 0 0 9
仕出し屋・弁当屋 70 4 8 3 7 1 0 8
給食施設 32 0 12 2 14 4 3 9
その他 294 1 29 6 15 13 2 27
その他 53 3 20 0 7 13 0 20
857 24 131 30 86 40 7 124

備考

「その他」の業種等内訳

届出給食施設監視、学校給食センター、デイケア施設、卸売市場(魚介類販売業)等

「その他」指導事項の内容等

表示・許可内容、従事者の健康管理の徹底

2.講習会実施状況

(表)
実施日時 平成19年11月〜12月(11回)
対象者 対象者:旅館、ホテル、レストラン、給食施設、介護施設、仕出し屋、一般食堂等の調理従事者 等
受講者数 :423名
講習内容 ノロウイルス食中毒対策について、食品の衛生管理および従事者の健康管理、宿泊客・家族等の嘔吐処理について、適正表示について 等
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」