アレルギー物質含有食品の表示

近年、アレルギー物質を含む食品に起因した健康被害が発生しており、こうした危害を未然に防ぐため、「表示」を通じて消費者への情報提供の必要性が高まってきました。
しかし、今までの食品に関する表示制度では、消費者が食品中のアレルギー物質の有無を知るには不十分でした。
このため平成13年4月1日から、食品衛生法の改正によりアレルギー物質(特定原材料:小麦、卵、乳、そば、落花生)を含む食品にあっては、それを含む旨の表示が義務づけられました。、また、平成20年6月3日から、特定原材料として新たに「えび」と「かに」の表示が義務付けられました。
アレルギー物質を含む食品に関する表示について(平成25年9月20日:消費者庁)

アレルギー物質を含む食品に関する表示指導要領(消費者庁)

アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A(消費者庁)

加工食品のアレルギー表示 食物アレルギーでお悩みの皆さまへ!(平成20年4月:厚生労働省)(消費者庁)

アレルギー物質を含む加工食品の表示ハンドブック(事業者向け)(平成22年3月:消費者庁)

アレルギー物質に係る食品の回収情報(消費者庁)

アレルギー物質を含む食品

  • 表示が義務づけられたもの

アレルギー症状を引き起こす発生件数が多く、また、アレルギー症状が重篤であり、生命に関わるため、次の原材料を含む加工食品については、これらを含む旨の表示をしなければなりません。

(表)
特定原材料(7品目)
小麦、卵、乳、そば、落花生、えび、かに
  • 表示を奨励するもの

アレルギー症状を引き起こす発生件数は多くないが、過去に一定の頻度で重篤な健康被害が見られていることから、次の原材料を含む加工食品については、可能な限りこれらを含む旨の表示をするよう努めることとなりました。

(表)
特定原材料に準ずる食品(20品目)
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、 バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

アレルギー物質を含む食品の表示例

特定原材料を原材料として使用する場合、原則としてすべて記載することとなっています。しかし、25品目の特定原材料等を重複して使用する場合は、以下のように省略できます。

  • 括弧をはずして表記する場合

特定原材料等を含む複合原材料(2種類以上の原材料からなる食材)を用いた複合調理加工品

一括表示例
名称 シュークリーム
原材料名 卵 ★、牛乳 ▲、砂糖、小麦粉 ◎、でんぷん、大豆油 ●、食塩
消費期限 ○○年○○月○○日
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
製造者 ○○食品株式会社滋賀県△△市□□町×−×
一括表示例
名称 シュークリーム
原材料名 フラワーペースト(小麦粉 ◎、コーンスターチ、砂糖、大豆油 ●、その他)、卵 ★、牛乳 ▲、小麦粉 ◎、でんぷん(小麦粉 ◎)、食塩
消費期限 ○○年○○月○○日
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
製造者 ○○食品株式会社滋賀県△△市□□町×−×

全ての原材料(複合原材料の原材料を含める)を重量割合の多い順に表示できます。

  • 原材料表示の最後に括弧を付して特定原材料等を表記する場合
一括表示例
名称 ポテトサラダ(使用原材料)
原材料名 じゃがいも、にんじん、ハム、マヨネーズ *、たんぱく加水分解、調味料(アミノ酸等)、発色剤(亜硝酸Na)、リン酸Na、(原材料の一部に豚肉 *及び大豆油 ●を含む)
消費期限 ○○年○○月○○日
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
製造者 ○○食品株式会社滋賀県△△市□□町×−×
一括表示例
名称 ポテトサラダ(使用原材料)
原材料名 じゃがいも、にんじん、ハム(豚肉 *、食塩砂糖、その他)、マヨネーズ(卵 ★、大豆油 ● 、醸造酢、その他)、たんぱく加水分解物(豚肉 *)、調味料(アミノ酸等)、発色剤(亜硝酸Na)、リン酸Na
消費期限 ○○年○○月○○日
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
製造者 ○○食品株式会社滋賀県△△市□□町×−×

原材料表示の最後に括弧を付して、(大豆、小麦、…、…を原材料の一部として含む)等、記載することにより、特定原材料等を使用している旨を表示をすることができます。特定加工食品は代替表示が可能です。

特定加工食品とは・・・
一般的に特定原材料等により製造されていることが知られているため、それらを表記しなくても、原材料として特定原材料等が含まれていると理解できる加工食品。(例:パン、うどん)

  • 多種の複合調理加工品の詰め合わせ食品(弁当類を含む)を表記する場合
一括表示例
名称 幕の内弁当
原材料名 ご飯、野菜かき揚げ、鶏唐揚げ ◇、煮物(里芋、人参、ごぼう、れんこん、その他)、焼鮭 ◆、スパゲッテイ、エビフライ ☆、ポテトサラダ、メンチカツ、大根刻み漬け、付け合わせ、(その他小麦 ◎、卵 ★、大豆 ●、牛肉 ○由来原材料を含む)調味料、調味料(アミノ酸等)、PH調整剤、グリシン、着色料(カラメル、カロチノイド、赤102、赤106、紅花黄)、香料、膨張剤、甘味料(甘草)、保存料(ソルビン酸K)
消費期限 ○○年○○月○○日
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
製造者 ○○食品株式会社滋賀県△△市□□町×−×
一括表示例
名称 幕の内弁当
原材料名 ご飯、野菜かき揚げ(玉葱、人参、ごぼう、小麦粉 ◎、植物油、でんぷん、春菊、粉末卵白 ★)、鶏唐揚げ(鶏肉 ◇、でんぷん、コーンスターチ、小麦粉 ◎、大豆油)、煮物(里芋、人参、ごぼう、れんこん、砂糖、かつおだし、こんぶだし、香辛料、しょうゆ(大豆 ●、小麦 ◎、食塩、その他))、焼鮭(鮭 ◆、食塩)、スパゲッテイ(小麦粉 ◎、卵 ★、植物油、食塩)、エビフライ(エビ ☆、小麦粉 ◎、パン粉 ◎、植物油、でんぷん、粉末卵白 ★)、ポテトサラダ(じゃがいも、人参、玉葱、マヨネーズ(卵 ★、醸造酢、その他)、食塩)、メンチカツ(牛肉 ○、粉状植物性蛋白(大豆 ●)、玉葱、トマト、大豆油 ●、小麦粉
消費期限 ○○年○○月○○日
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
製造者 ○○食品株式会社滋賀県△△市□□町×−×

原材料表示と添加物表示の間に(その他、○○、○○、○○由来原材料を含む)と記載することにより、特定原材料等に関する表示とすることができます。

注:事例中の★*◎●▲等の印は、当該事例を見やすくするためのものであり、実際の表示には必要ありません。

注意事項

  1. 食物アレルギーは、人によってはごく微量でも重篤な症状を引き起こすことがあるため、含有量にかかわらず表示する必要があります。
  2. 特定原材料および特定原材料に準ずるものに関して「入っているかもしれない」との表示は認められません。
  3. 「穀類(小麦、大豆)」または「小麦、大豆」を単に「穀類」と記載することは認められません。
  4. キャリーオーバー、 加工助剤などでも、特定原材料(7品目)については表示が必要です。特定原材料に準ずるものについても、可能な限り表示しましょう。
  5. 特定原材料を使用した食品と製造ラインを共有することで、ごく微量の特定原材料が混入する場合も、表示が必要です。ただし、十分なライン洗浄等により、確実に混入が防止できる場合は不要です。
  6. 特定原材料等由来の食品添加物を使用する場合は、従来からの食品添加物の記載内容や標記法は変更せずに、「物質名(〜由来)」「一括名(〜由来)」のように併記して記載します。
  7. 特定原材料および特定原材料に準ずるもののうち、高価なもの(あわび、いくら、まつたけ等)が含まれる加工食品については、特定原材料および特定原材料に準ずるものがごく微量しか含有されていないのに、あたかも多く含まれているような表示が行われると消費者に誤認を生じさせるおそれがあることから、表示にあたっては、例えば「あわびエキス含有」など、それらの含有量、形態等に着目した表示も併せて記載しましょう。
  8. 製品の原材料が明らかとなるように、原材料(加工調理済みのものを含む)の仕入れ時に、仕入先の事業者から特定原材料(7品目)を含むか否かについての製造記録を求め、保管して下さい。
  9. 製造者は、食物アレルギーに関する情報提供を行う必要があります。電話等による問い合せへの対応やインターネット等による情報提供などを行うことが望ましいでしょう。また、消費者等からの問い合わせがあった際には、速やかに回答できるよう体制を整備を整える必要があります。
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」