機器等の貸出について

自主衛生管理の方法を定めるために必要なデータの収集および従事者に対する衛生教育に使用する機器等の無償貸出をします。

1.貸出用品および費用

  • 貸出を行う機器
    1. 手洗いチェッカー(本体・ブラックライト)
    2. ATP拭き取りキット(RLU値測定器)
    3. データロガー

※手洗いチェッカー専用ローション等の消耗品については、貸出していませんので各自用意してください。

  • 費用
    • 無料です。ご利用の前に必ず、ご確認下さい。(PDF添付ファイル)

2.貸出対象者

食品安全監視センターが所管する施設および県内の保健所から貸出の要請があった施設の営業者等であって、食品安全監視センター窓口で受取りおよび返却ができる者とします。

3.貸出期間

利用日の前日から1週間とします。

4.申し込み方法

利用申請書に記入して申請してください(利用日の1週間前までに食品安全監視センターに提出)。FAXまたは電子メールでも可能です。

5.返却方法

返却時には、利用報告書をご提出下さい。

6.ご利用にあたって

  • 手洗いチェッカー
    正しい手洗いができているか視覚的に検証することができます。 ブラックライトにあてて、光った箇所が洗浄不十分です。「汚れが取れたか」、「洗い残ししやすい箇所はどこか」等を確認することができます。
  • ATP拭き取りキット
    タンパク質汚れがどれくらい残っているか数値として確認することができます。 例えば、手洗いでは、数値1,500以下を合格基準としているため、手洗いの適否を判定しやすいという利点があります。また、「調理台や器具等の洗浄がしっかりできているか」等を確認する用途にも使用できます。
  • データロガー
    経時的な温度変化を記録できます。食品が適切な温度で殺菌されているか等を確認することができ、加熱条件の設定等に利用できます。
  • 利用者の責任
    利用上の事故については利用者の責任とします。 貸出期間中の貸出機器等の維持管理は、利用者の責任で行ってください。 貸出機器等を破損し、汚損し、または紛失したときは、利用者の負担において原形に修復し、または現品をもって弁償してください。ただし、食品安全監視センターが特別の事情があると認めるときは、この限りではありません。 貸出機器等の使用に必要な消耗品は、利用者の負担において準備してください。

7.その他、参考資料

目的外利用の禁止
利用者は、許可を受けた目的以外に利用し、または、その権利を第三者に譲渡し、もしくは転貸しないでください。

食品安全監視センターのホームページに、リーフレット類を掲載していますので、衛生教育の際にご利用下さい。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-531-0248
FAX番号:077-537-8633
メールアドレス:shokuhin@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」