第11回協議概要 (H18年10月26日)

協働部活「まちの保安官」

■期日:平成18年10月26日
■時間:18:00~20時00分
■場所:しが協働ル~ム

■出席者
○部員・特定非営利活動法人西大津駅周辺防犯推進協議会 宮尾氏、角野氏
・大津市自治振興課 森氏
・滋賀県警察本部生活安全企画課 中川氏
・滋賀県大津警察署生活安全課 小寺氏
・滋賀県県民生活課 堀井氏
・滋賀県青少年室 石居氏
○コーディネーター
・(有)コラボねっと 取締役 石井布紀子氏
○オブザーバー
・淡海ネットワークセンター 遠藤氏
○事務局
・滋賀県県民文化課NPO活動促進室 大橋、上山

■「安全安心まちづくりワークショップ in 中越」の報告

防災がメインのワークショップだったが、防犯についての分科会に参加。協働部活部員として西大津防犯 宮尾氏、事務局 上山が参加した。

事例発表
・ NPO法人住民安全ネットワークジャパン 笠井氏
8,600人の情報共有網で不審者情報等をメールで配信。
・ 元築地警察署長 清家氏
生活安全条例の設立が防犯に対して効果を発揮している。
防犯ビデオの存在。設置されているだけでも犯罪抑止効果も大きい。
・ 前板橋区社会福祉協議会事務局次長 山田氏親の見えるまちづくりを目指す。
団体間でネットワークを作るべきだ。各組織を尊重しつつネットワーク化を。
・ 北須磨団地自治会 西内氏
県が予算を持っていて防犯グッズを買う資金の助成を受けている。
保護者が無関心なところが気になる。
・ 大妻女子大学講師 樋村氏
防犯活動は継続することが大切。東京都杉並区については、平成14年度は空き巣が多かったが、自主防犯活動が活発に行われてきたことで減少してきた。しかし、疲れてきた防犯団体が多くなって、犯罪が増加してきている。

まとめ 自分の住む「まち」を好きにならないと地域一丸とならない。自分がそこに住むのなら地域を知ることが大事。反対に地域に住む人に地域のことを知らせることも大事ではないか。

■ 協議概要

【補助金について】
・ 大津市の補助金は自主防犯団体立ち上げ時の補助金。今年で4年目である。今年度も5団体の手続をしている。ただ、支給期間が4年間であり、初年度から補助金を受けている団体は今年で切れることになる。市とは別で防犯協会からの助成金もある。
・ 団体によっては、補助金が切れることから他の組織と一緒に活動することにして、資金的に助け合う方法を取るところもある。
・ 市民と企業と行政が協働するという方向性も必要では。
・ 大津市の真野北学区では、自主防犯の活動について、地元の方々から1戸100円の助成をいただいている。NPO法人西大津駅周辺防犯推進協議会では地元自治会から毎年決まった金額の助成を受けている。
・ 負担金というのは厳しい場合もある。税金を払っているのに、なんでそれ以上に防犯活動に対して負担する必要があるのか、という批判もあるのでは。

★ 協働部活プロジェクトの方向性としては、自主防犯団体間の交流の促進、ノウハウの共有。

【自主防犯活動の現場】
・ 「イカのおすし」と「5つの約束」というキャッチフレーズがある。どちらも子どもたちを犯罪から守ろうというものだが、混在していて、現場が混乱することもあるようだ。
・ 子ども安全リーダーとスクールガード、PTA等がばらばらに活動しているようなケースが見受けられる。滋賀県警では小学校単位でまとまった活動が出来ないか、模索している。
・ 企業の方にも協力がいただけるような形が出来れば。
例)三井住友生命の「災害時義援金マッチングギフト」制度・ 太田市の事例報告。予算の1%を市民活動に出す。
・ 情報発信の重要性。警察のデータを西大津駅で掲示、配付したところ、多くの方が資料に関心を示してくださったようだ。防犯活動の認知度も上がり、有効だと思う。
【自主防犯団体アンケート結果を受けて】・ 滋賀県から自主防犯団体の皆さんに声をかけて、自主防犯団体の意見交換会を実施したが、地域単位でやってほしいという要望を受けた。平成19年度は地域振興局単位でできればと考えている。
・ 警察も各警察署単位で地元ボランティアの方などに声をかけて、情報交換の場を提供したい。
・ 自主防犯団体のネットワーク化のために防犯協会を核とした形ができたらどうかと考えている。

★ 平成19年度協働部活プロジェクトの活動の一つとして、自主防犯活動の資料、ノウハウ、情報を共有できるようなリーフレットを作成する。

■ 次回
平成18年12月13日(水曜日)15時00分~

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課
電話番号:077-528-4633
FAX番号:077-528-4838
メールアドレス:cd00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」