協働を進める取り組み

協働部活「まちの保安官」

第7回協議概要 (平成18年4月20日)

■期日 平成18年(2006年)4月20日(木曜日)

■時間 18時00分~20時00分

■場所 滋賀県庁別館4階 しが協働ル~ム

■出席者○部員・特定非営利活動法人西大津駅周辺防犯推進協議会大久保秀幸氏、小見伸雄氏、角野義春氏、宮尾孝三郎氏

・滋賀県警察本部生活安全部生活安全企画課 中川課長補佐

・滋賀県大津警察署生活安全課生活安全係 小寺係長

・大津市市民部自治振興課 岡嶋主幹、森主査

・大津市都市計画部まちづくり政策課都市再生室 高野主査

・滋賀県政策調整部青少年室 石居副主幹

・滋賀県県民文化生活部県民生活課 堀井参事、辻主任主事

○コーディネーター

・(有)コラボねっと取締役 石井布紀子氏

○オブザーバー

・淡海ネットワークセンター 木村主幹、遠藤氏

○事務局

・滋賀県県民文化生活部県民文化課NPO活動促進室伊吹室長、大橋主幹、上山主査

■開 会

(1)伊吹室長あいさつ

(2)自己紹介出席者全員

■協議概要

(1)平成17年度協議内容説明・確認

【説明】事務局による

【確認】石井コーディネーターによる確認協議研究内容 ~『まちの保安官制度』の構築に向けての研究~

・地域防犯組織「まちの保安官」の設置提案

・「まちの保安官」の地域における役割の提案

・「まちの保安官」等による青色回転灯パトロール車での防犯巡回活動提案

・「まちの保安官」等による保安犬の巡回活動の提案

・地域自主防犯活動をサポートする「防犯ボランティア保険制度」の提案

(2)平成17年度の反省点

□協働事業の目標のあり方…事業目標と成果目標が必要。成果目標に向かって手を組んでいるというのが要件であって、協働することが目的になってはいけないし、協働の仕組みが動くことが目標になってもいけない。協働の結果、どういうものを産み出すかという成果目標がないと評価できない。
□目標の数値化の実行…目標設定に当たっては、数値化することが大切。測定しにくいものでも、計れるものを対象とする。協働事業を考える時に振り返りやすく、また第三者に対しても示しやすい。
(3)協働部活の目的の再認識

【協働部活の目的】

イメージ:市民が自主防犯活動に関わりやすくするための環境整備を行う

次回の協働部活においてゴール、進め方の確認を行う。
【自主防犯の対象とする犯罪】

県 :街頭犯罪を減らす

NPO :不安感を払拭したい

【自主防犯組織の現状と課題の抽出】

県 :補助金の現状の説明

大津市:大津市内の自主防犯組織の状況、不審者情報マップ

NPO :持続可能な組織作りの問題

→ 自主防犯組織を支える資金管理の仕組み作りが必要では?

(4)個別意見

・滋賀県における犯罪減少率全国1位の背景の県警からの説明

・西大津防犯からの具体的な活動

・自主防犯組織のリーダーのあり方

(5)次回の確認

個々にデータを持ち寄り、成果目標について話すことを確認。
次回の開催は平成18年5月24日(水曜日)18時00分から

しが協働ル~ム」において開催滋賀県県民活動課NPO

・協働推進担当

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課
電話番号:077-528-4633
FAX番号:077-528-4838
メールアドレス:cd00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」