第1回協議概要 (H17年8月29日)

協働部活「まちの保安官」

■期日:平成17年(2005年)8月29日(月曜日)

■時間:18:00~21時20分

■場所:滋賀県大津合同庁舎 7階多目的室

■出席者

○部員

・特定非営利活動法人西大津駅周辺防犯推進協議会

清水耕二氏、小見伸雄氏、宮尾孝三郎氏、大久保秀幸氏、角野義春氏

・滋賀県大津警察署生活安全課 中尾係長

・滋賀県警察本部生活安全部生活安全企画課 中川補佐

・大津市市民部自治振興課 岡嶋主査

・大津市都市計画部都市再生室 坂本参事

・滋賀県企画調整部企画調整課青少年室 石居主査

・滋賀県県民文化生活部県民生活課 堀井参事

○事務局

・県民文化課NPO活動促進室 川村室長、大橋副主幹、北野主事

■自己紹介出席者全員

■テーマ提案説明※特定非営利活動法人西大津駅周辺防犯推進協議会 宮尾氏

○経過、活動紹介等説明

・地域犯罪の問題→H15防犯活動開始・西大津駅周辺防犯推進協議会の設立(8自治会参加)→NPO法人申請・H16NPO法人成立

○テーマ提案説明

・従来の警察への依存型から「地域自衛型防犯」への転換の必要性(更なる犯罪の増加→担い手としての意識改革→住みよいまちづくり)

・役割 「NPO:活動部門担当」「県等:連絡調整、成果分析、助言指導」

・構想 「警察機能の補完、犯罪防止に対応する まちの保安官制度の構築」

○事業内容説明(1年目:実験の実施)

・青色回転灯付きのパトロール車での防犯巡回活動

・保安犬の育成と巡回活動

・学校等での防犯講習活動

・地域内啓発活動

・活動を支えるボランティア保険制度の研究活動

■説明についての意見交換

○すばらしい点&進めていきたい点

・今までの取り組みに対する評価

・地域との信頼関係の構築

・青色回転灯パトカーでのパトロール

・保安犬のパトロール

・無線システムの構築

○課題&問題と感じる点

・防犯活動の時間的、財政的なリスク

・防犯活動に関するボランティア保険の検討

・警察官以外の防犯団体へ不審者に対する質問権や解散勧告権を与えることについては法律面での精査が必要→防犯パトロールカー乗務員への法的権限

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課
電話番号:077-528-4633
FAX番号:077-528-4838
メールアドレス:cd00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」