文字サイズ

滋賀県版モバイル空間統計🄬人口マップについて

 本県では、NTTドコモ「モバイル空間統計🄬」を活用し、滋賀県内を中心にリアルタイム(最短1時間前まで)の滞在人口等の状況が把握できる「滋賀県版モバイル空間統計🄬人口マップ」を導入し、県内における人流ビッグデータをビジュアライズして令和2年11月17日(火)に公開しました。
 令和2年12月22日(火)に、NTTドコモ様と共同で開発した「滋賀県版モバイル空間統計🄬人口マップ」を新たに公開しました。今般の公開ページは、既存の全国版マップと異なり、滋賀県の人流ビッグデータを分析し、本県独自の基準により、ヒートマップを表示すること、また、県内56拠点のデータ分析結果を掲載し、リアルタイムの滞在人口等を把握することができるもので、さらに、全体の拠点の混雑レベルを一目で把握できる仕組みを導入しました。
 年末年始は帰省、初詣などにより県内各地の商業施設、寺社などで多くの人出が予想されることから、県民の皆様一人ひとりが外出の際、人口集中拠点の混雑度を手元のスマートフォンから一目で把握することで、人口の分散化や混雑度に応じた感染防止対策を講じていただくようお願いいたします。

 【モバイル空間統計®】
 データ提供元:株式会社NTTドコモ、株式会社ドコモ・インサイト・マーケティング
 ※「モバイル空間統計®」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

滋賀県版モバイル空間統計🄬人口マップ

【注】

 高層ビルやマンションなどが密集している地域については、混雑レベルが高く表示される場合があります。

 また、詳細画面で表示される「時系列グラフ」の昨年のグラフについては、平日 or 休日の月間平均グラフになります。昨年同日のグラフではありませんのでご注意ください。

対訳表(一部)

 以下に各拠点の対訳表を掲載します。一部分は未翻訳のため、空欄になっています。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。