「滋賀県男女共同参画計画」の改定に当たっての基本的考え方について答申がありました

平成19年(2007年)8月22日(水曜日)、滋賀県男女共同参画審議会会長渡辺峻さんから嘉田滋賀県知事に対し、滋賀県男女共同参画計画の改定に当たっての基本的考え方について答申がありました。

答申風景
懇談風景

答申書は、「仕事と生活の調和がとれた暮らし改革」と題し、少子化の進行など社会経済情勢の変化に対応する男女共同参画社会の早期実現を目指す新たな道筋として、
一.働き方を見直し「仕事と生活の調和を進める」こと
一.女性が働き続けることができるよう、また、子育てなどで離職しても再チャレンジができるよう「女性の活躍を支援する」こと
一.「県民との協働による広報活動や教育・学習を進める」こと
の3つの重点取組テーマによる戦略的な展開を提言しています。
渡辺会長は、男女共同参画社会の早期実現を目指して、加速的に取り組まれることを期待していると話しました。

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部女性活躍推進課 
電話番号:077-528-3771
FAX番号:077-528-4807
メールアドレス:fg00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」