滋賀の活性化に向けた女性活躍推進フォーラムを開催しました

forum_No.1

人口減少社会において、地域・経済の活性化のためには、これまで十分に活躍の場が与えられてこなかった女性が、その能力を発揮できる社会の構築が必要不可欠となっていることから、女性の活躍推進を巡る課題や必要性、今後のあり方などについて学び、考えていただくためのフォーラムを開催しました。

  • 日時:平成25年5月20日(月曜日)15時00分~17時00分
  • 場所:滋賀県庁東館7階大会議室
  • 参加者:約140名
  • 内容:基調講演、対談

基調講演「女性の活躍は日本の希望」

基調講演風景

講師:山田昌弘 さん(中央大学文学部教授)

  • 山田さんからは、日本において経済や政治の分野で女性の進出が大変遅れている現状や女性の活躍推進がより必要になってきた理由、女性の活躍の阻害要因などをわかりやすく説明いただきました。

対談「女性の活躍で滋賀を元気に!」

山田昌弘 さん(中央大学文学部教授)嘉田由紀子(滋賀県知事)山田さんと知事との対談では、以下のような議論が交わされました。

対談風景
  • 女性の労働参加率が少ない国は、経済、財政も悪化している。
  • 経済状況が大きく変わっているにもかかわらず、「夫は外で働き、妻は専業主婦」という家庭に対する憧れが残っている。それがパラサイト・シングルにもつながっている。
  • ポスト工業社会では、女性の目線が大切になってくる。
  • 学生に対しては、キャリア教育だけでなく、様々なリスクに対応できるようなリスク教育も必要である。
  • 男性も女性も仕事と家庭を両立できるためには、働き方の多様性を社会として保障していくことが必要。
  • 男性の育児休業の取得がなかなか進まないように、制度はあっても実質的に進んでいない現状がある。そうした部分を行政がしっかりと進めていくことが必要。

参加者アンケート結果

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部女性活躍推進課 
電話番号:077-528-3771
FAX番号:077-528-4807
メールアドレス:fg00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」