滋賀の子どもを虐待から守る緊急メッセージ

各地で、子どもが虐待を受けて死亡する事例が数多く起こっています。

子どもが虐待により命を落とすことは絶対にあってはならないことです。

滋賀県内では、100人に1人の子どもが虐待を受け苦しんでいます。

しかし、子どもだけでなく、その親も子育てに苦しんでいるのです。

そのためにも、もっと、地域で、子どもや親を見守り、声かけをしてください。

そして、「虐待ではないか」と思ったら、虐待ホットラインへ連絡をお願いします。

(メッセージ)
子どもや親の助けてサインを見逃さないでください
(メッセージ)
虐待ホットラインへの連絡は子どもや家族を守るサポートの始まりです

私たちは、県民の皆さんと一緒になって、未来のある子どもたちを虐待から守るために、虐待防止に取り組んでいきます。

平成22年5月18日

滋賀県要保護児童対策連絡協議会

会長 野田正人

《虐待ホットライン》(24時間対応)

077-562-8996(はぐくむ)

間違っていても責められることはありません。

連絡した人の秘密は守られます。

(助けてサイン)
助けてサイン
子どもからのサイン◆不自然なあざ・やけど◆極端にやせているなど、栄養失調状態◆衣服やからだ(髪や手足等)が不潔◆無表情、大人を見るとおびえる ◆落ち着きがなく乱暴、情緒不安定 など 親からのサイン◆衣服、寝具が不衛生状態◆子どもの健康や安全への配慮がない◆子どもを家に置いたままの外出が多い◆いつもイライラして子どもに当たる◆地域との交流がなく孤立しているなど

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部子ども・青少年局 
電話番号:077-528-3556
FAX番号:077-528-4854
メールアドレス:em00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」