文字サイズ

食中毒

食中毒とは?

食中毒は、食中毒起因物質が付着した食品や飲み物、ふぐの肝や毒キノコなど体に有毒な物を食べたり、飲んだりすることによって起こります。
主な症状は、吐き気やおう吐、腹痛、下痢などの急性の胃腸炎などです。
原因はさまざまですが、自然毒や化学物質によるものはごくわずかで、およそ90%が細菌やウイルスによって起こっています。主なものは次のとおりです。

  • 腸管出血性大腸菌O157
  • サルモネラ属
  • 腸炎ビブリオ
  • カンピロバクター
  • ボツリヌス
  • ノロウイルス
    • 食中毒・回収等情報
    • 食品事業者のみなさまへ(ノロウイルス食中毒予防対策の徹底をしましょう!!)(PDF)

関連リンク

このページの情報についてのお問い合わせ

所属名:滋賀県南部健康福祉事務所(草津保健所)生活衛生係
電話:077-562-3549
ファックス:077-562-3533
メール:ea30300@pref.shiga.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。