文字サイズ

結核

▽9月24日〜9月30日は「結核予防週間」です!

日本の結核の現状は、年間約2万人の新規患者が発生し、約2千人が亡くなっています。
1日6人が結核で亡くなる日本の重大な感染症です。
そこで、この結核予防週間を機会に、県民の結核への関心を高め、結核に関する知識を深める取り組みを展開します。
標語 「結核 〜知って予防。早めの受診。」

▽結核はどのように感染するのでしょうか?

たんの中に結核菌が出るようになった重症の結核患者が、せきやくしゃみをすると、しぶきが飛び散ります。
このしぶきの中の結核菌を吸い込むことによって感染します。
結核菌に感染しても、発病するのは10人のうちの1〜2人です。
免疫の働きによって、結核菌の増殖が抑えられている場合、発病しません。
体内に残った結核菌は、休眠状態で生き続けます。

▽最初の症状はかぜに似ています。

結核の初期症状は、かぜとよく似ています。
せき、たん、血たん、胸痛、発熱、だるさが2週間以上続くようでしたら要注意です。早めに医療機関を受診しましょう。
このような症状が1ヶ月以上続く人からは、25人に1人の割合で結核が見つかっています。
また、高齢者では著名な症状が出にくいことがあります。
「げんきがなくなった」「食欲がおちた」というような、「いつもとちがう」を見逃さないことが大切です。

▽保健所がお手伝いします

保健師が家庭を訪問し、病気や治療について患者さんや家族の方のご相談を受け、病気についての不安を取り除き、必要な知識を得て適切な行動が取れるように、相談や助言を行っています。
結核が発生した場合は、家族や身近な人の検診を保健所で無料で行っています。

結核患者届と登録

医師は結核患者を診断した場合は、ただちに保健所に届出ることが義務付けられています。
保健所長は感染の拡大防止と適正な医療を受けて頂くため、結核登録票を作成し記録します。

結核医療費公費負担申請

患者さんの医療費を軽減し、適正な医療を受けられるよう結核医療費を公費負担する制度があります
詳しくは、こちらのページをご参照ください。(滋賀県HP「結核について」)