文字サイズ

医療従事者等への慰労金の給付について

新型コロナウイルス感染症への対応において、感染リスクと厳しい勤務環境の下、心身に負担が掛かるなか業務に従事いただいている医療機関の医療従事者や職員の皆さまに対して、感謝の気持ちとともに慰労金を給付します。

1.慰労金の概要

(1)慰労金の趣旨

医療機関等に勤務する医療従事者や職員の皆さまが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止・収束に向けてウイルスに立ち向かい、1)感染すると重症化するリスクが高い患者との接触を伴うこと、2)継続して提供することが必要な業務であること、および3)医療機関での集団感染の発生状況から、相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、業務に従事していただいていることに対し、感謝の気持ちとともに慰労金を給付します。

(2)慰労金の内容

新型コロナウイルス感染症に対する医療提供に関し、滋賀県から役割を設定された医療機関等に勤務し患者と接する医療従事者や職員※1に対し、慰労金として最大20万円を給付します。

その他病院、診療所等に勤務し患者と接する医療従事者や職員にも、慰労金として5万円を給付します。

※1 医療従事者や職員には、医療機関等に直接雇用される職員のほか、派遣労働者、業務委託受託者の従事者を含みます

2.慰労金の申請

下記の「申請マニュアル」および「申請フロー」をご確認のうえ、申請してください。

(1)申請方法

※原則として、医療機関等が医療従事者や職員から委任を受けて代理申請・受領を行ってください

申請書、給付対象者一覧等について、国保連のオンライン請求システム(毎月の診療報酬請求に使用しているシステム)により提出してください。

オンライン請求システム未導入の医療機関等専用「WEB申請受付システム」(https://reg34.smp.ne.jp/regist/switch/00002G0001dEC9Umi8/PreRegistration)から申請してください。

ネット環境に対応していない場合は、電子媒体(CD)により(3)の提出先に郵送してください(電子媒体による提出が困難な場合は紙媒体を郵送)

(2)申請書等の様式

(3)申請書等の提出先

520-0043 大津市中央四丁目59号(滋賀国保会館内)

滋賀県新型コロナ感染症緊急包括支援交付金事務局医療・慰労金)

※本事業における申請受付・審査、支払、実績報告受付・審査等の業務を、滋賀県国民健康保険団体連合会(以下、「国保連」)へ委託しています

(4)申請期間

令和2年8月17日から令和2年12月28日まで

※診療報酬提出時期と重ならないようにするため、申請受付期間は毎月15日から月末までの間となります。

(5)申請後の流れ

1.県が申請内容を確認後に給付決定し、国保連または県から慰労金が振り込まれます

2.対象となる医療従事者や職員に慰労金を給付します。

3.慰労金の給付終了後、1か月以内を目途に、実績報告書を国保連へ提出します。支出実績が交付額に満たなかった場合は、県において精算を行います。

3.実績報告書の提出

(1)実績報告書の様式

(2)実績報告書の提出先

520-0043 大津市中央四丁目59号(滋賀国保会館内)

滋賀県新型コロナ感染症緊急包括支援交付金事務局医療・慰労金)

※本事業における申請受付・審査、支払、実績報告受付・審査等の業務を、滋賀県国民健康保険団体連合会(以下、「国保連」)へ委託しています

4.その他

(1)問い合わせ先

<制度について>

厚生労働省新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター 0120-786-577(平日9:30~18:00)

<申請手続きについて>

滋賀県新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター 0570-085441(平日9:00~17:00)

<システムの操作方法について>

オンライン請求システムヘルプデスク 0120-041-422(毎月15日以降(11月は16日以降)の平日8:00~17:00)

WEB申請受付システムヘルプデスク 0120-112-166(毎月15日以降(11月は16日以降)の平日8:00~17:00)

(2)参考資料

 

・厚生労働省ホームページ(医療従事者等に対する慰労金の支給事業について)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000098580_00001.html

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。