文字サイズ

脳卒中地域連携クリティカルパス

住み慣れた地域で安心して医療福祉が受けられる地域をめざして

《地域連携診療計画書(クリティカルパス)とは》

地域で切れ目ない医療福祉サービスを提供するために、患者さんの視点に立ち、病気の回復過程に沿った一連のサービスを体系化し、道筋(パス=path)を示すものです。

脳卒中の治療は、急性期の病院での治療から、病院や施設・在宅での回復期・維持期のリハビリテーションを中心とした介護まで、一貫した計画のもとに行われます。切れ目なく、患者さんの状態を伝達するため、湖東地域で統一した様式で作成した情報提供書(診療計画書、患者さん紹介状、経過報告書)です。

1

【 脳卒中湖東地域連携クリティカルパス活用の目的】

1. 患者さんやご家族に、治療や生活支援の流れについて、次の各時期に分けて、経過を追って説明する資料を提供し、患者さん・ご家族をはじめ、関係するスタッフ間で情報を共有します。

「急性期」(治療を重点的に行う時期)

「回復期」(リハビリを重点的に行う時期)

「維持期」(回復した機能を維持しつつ生活中心のリハビリを行う時期)

2. 湖東地域における脳卒中患者様のリハビリテーション、看護、介護などに関わる関係機関で連携を効果的・効率的に行い、患者さんやご家族が安心して、転院・在宅復帰につながるように、切れ目なく支援します。

3. 上記の取り組みにより、脳卒中患者さんのよりよい回復を地域ぐるみで支えていこうとするものです。

【湖東地域で使用する各様式】(平成25年11月改訂)

1. 湖東地域連携診療計画書(患者様・ご家族説明用) :

2. 湖東地域連携診療計画書(その2)―転・退院時面談内容― :

3. 滋賀県脳卒中地域連携パス :

4. 滋賀県脳卒中地域連携パス【基本情報・経過記録】 :

5.診療情報提供書(歯科口腔外科) :

6. 口腔内チェックシート :

【「脳卒中の手帳」活用の手引書】 (平成25年11月改訂)

1. 「脳卒中の手帳」活用の手引書:

参考資料 :

【パンフレット】

1. 患者様・ご家族様 説明用パンフレット:

(平成25年11月改訂)

2. 脳卒中啓発パンフレット「こんな症状がおこったら脳卒中かも」 :

3. 脳卒中の再発を予防するために :

4. 歯周病がからだを壊す?! :

お問い合わせ
滋賀県湖東健康福祉事務所 
電話番号:0749-21-0281
FAX番号:0749-26-7540
メールアドレス:ea33@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。